世界初電動伸縮杖「伸介さん」
  • 2010.03.09 Tuesday
  • -
  • 22:07
  • -
  • -
  •  
伸介さん

今日の朝、NHK「まちかど情報室」で発見!
久々にときめいた(何故だ!?)
世界初電動伸縮杖「伸介さん」。
興味あります。

実際階段でどうなんだ!?伸び縮みを普段から
「あったらいいなー」など考えたこともなかったが、
確かにあってもいいかもしれない。

金額的もそこそこ。デザインもそこそこ。
話のネタに10分は盛り上がるか?
だとしたら買いだな(決

購入しましたらご報告します。


ITK(岩田鉄工所)
http://www.itk-pro.com/pro/shinsukesan.htm

妙に凝ったムービーもありました
http://www.itk.co.jp/shinsuke.wmv

新規プロジェクト【テミルプロジェクト】始動!
テミルプロジェクト

ソーシャルインクルージョンを目指して株式会社テミルではテミルプロジェクトを今日、2010年3月1日、始動しました。
欧米諸国と比較して、我が国においてはこのソーシャルインクルージョン(詳しくは本サイト当該項目ページをご参照ください)が進んでいません。今までもソーシャルインクルージョンを実現することを目的とした取り組みはされてきていますが、原因に切り込む取り組みがなされていないためであると私たちは考えています。この原因を明確にするとともに、その原因を解消することを目的としてこのプロジェクトは始動しました。

原因は様々あると思います。
全てに対して一度にアプローチはできませんが、まずは中核と考える点にアプローチしながら、取り組みを進めてまいります。

障碍者の方が福祉施設等においてクッキーなどを焼いて売っている光景をよく見かけます。確かに美味しいところもあります。しかし、美味しくも不味くもないものが多いと思います。その部分をカバーするために低価格で販売します。その結果はといえば、福祉的就労の平均工賃が2万円に満たないということです。
1か月働いて給料が2万円。それでは自分達のしたいことができないと思います。現在は制度や親がカバーしていますが、制度は自立支援法が成立したと思えば廃止が検討されるなど、将来が保障されているわけではなく不安定であり、親も多くの場合、本人よりも先になくなるでしょう。ですからこの状態をなんとかせねばならないと考えるのです。

そのためにはまず、クッキーを焼くなら最高に美味しいものを焼く、市場に求められたものを作り市場に出す、そして売れるよう強みを作り販路を確保する。また、売れない理由は商品の完成度の他に「差別」があると思います。この「差別」の多くは「知らないこと」から発生していると考え、普段、目にすることのない障碍者の生活や仕事、そして耳にすることのない本人の夢について取材を進め公開します。そのことで多くの人に正しい理解をしてもらうことで差別をなくしていきたいと思います。
また福祉施設の職員も日々、一生懸命に働いています。しかし、彼らはマーケターではありません。ですから商品企画に関しては専門知識を有していません。また、パティシエでもありません。ですから製菓知識も専門的ではありません。営業も販売も全て専門ではないのです。その部分全てをサポートしていきます。
売れる確度を高め、販売し、賃金を支払い、彼らの夢を実現したい、そう考えるのです。
これらのことについて、本プロジェクトでは、まずは知的障碍者にスポットをあてて取り組んでまいります。

簡単なことではないと百も承知しています。
しかし、誰かが始めなければ変わりません。
本気で向かっていきたいと思いますのでご支援のほど、よろしくお願いいたします。


テミルプロジェクトのページ