iphoneアプリ 「CameraKit」

Camera Kit

カメラはフィルムだ!
なわたしにとっては、邪道も邪道かもしれないが、このiphoneアプリ「Camera Kit」は非常におもしろいと感じた。フィルム感だったり、トイカメラ風の仕上がり感が満載で、クロスプロセスなど、現像の過程をちょこちょこっと体験できるのは、本当におもしろい。
iphoneカメラのデフォルトで入ってても良いのでは?と思ってしまうくらい。

この楽しさからフィルムだったりトイカメラの世界に入ってもらえると良いのになー、と思ったり。

Camera Kit01Camera Kit02Camera Kit03Camera Kit04
Camera Kit05Camera Kit06Camera Kit07Camera Kit08

書いておきながら、否定するわけではないが、わたしは、10年後も1982年製のNikon F3を使い続けていたいとも思った。

>give me your words!


Camera Kit 公式


武田双雲さんのサイン!
今日は新規事業のロゴを作成していただくために、
気持ちのこもったロゴを作成していただくために、

あの書道家・武田双雲氏にお会いしてきました!

お忙しい中、私たちの想いをくんでくださり、お願いすることが
できたのも驚きなのですが、帰り際になんと!サインをして本を
プレゼントしていただくサプライズがありました!

自分の名前の「生」という字。
こんなに良い字だったんだなと・・・
自分の名前を好きになりました。

また新規事業は後日!


「ふれあいきのこ村」 魂のしいたけ


 先日、船谷がブログに書いた「こむぎっこ」さんは、石狩市の社会福祉法人の中の1つですが、今日はもう1つをご紹介したいと思います。

 「ふれあいきのこ村」では、知的障碍者が職業として、しいたけをつくっています。品質も賞を取るほど。働く人の最低賃金もクリアされています。

 お話を聞くと、ここに至るまでの努力は筆舌に尽くしがたいものがありました。始めはプログラムの1つとして趣味ように始めたこと、それを売れる商品にまで品質を高めたこと、そして商品になった現在も販路開拓、商品開発をつづけていること。こうした努力の積み重ねが、知的障碍者の労働環境をつくってきたんですね。
 そして、今では障碍者のみなさんは労働力としても、欠くことのできない存在となりました。
 

 最後に一品ご紹介! 子どものおやつ、おつまみにおいしい『パリッとしいたけ(写真参照)』。のりを食べているような触感です。しいたけ嫌いの方も食べられます。

「こむぎっこ」  魂のベーカリー
久しぶりに書きます。
ずーっとばたばたと新規事業の準備をしていたものですから。
情報も少しだけ出し惜しみをしてみたりして(^^ゞ

しかし、今回は我慢できません!
素敵なパン屋さん、素敵なboulangerにお会いできました!
それは「べーかりーしょっぷ こむぎっこ」
というところの佐藤工場長です。

なにがどう素敵かというと、知的障碍者とともに本気で生地を
こねて、本気でパンを焼いて、黒字を実現しているからです。

詳しくは年内に予定されているTemil New HPで書きますが、
お近くのかたはぜひ! ちくわパン、ロールパン、いろいろ
食べましたがどれも魂を感じることができておいしいです!

ちなみに場所は石狩市です。
初めてお会いした方に握手を求めるなどしたことのない僕ですが
握手をお願いしてしまいました。
New HPをお楽しみに!

pan