詩『生命は』 吉野弘 
前回の中尾さんのブログでは、
それぞれの違いをもった生きものからなる自然界の「調和」、
そして、それぞれの個性をもった人間からなる社会の「調和」、
そのために「分からない・知らない」で済ませるのではなく、
互いを知り認め合うことの大切さについて書かれてありました。


その「調和」ということに関して
今回はある詩を紹介したいと思います。

※以下の詩は映画『空気人形』(是枝裕和監督)の中で使用されていた吉野弘さん(詩人、1926年山形県酒田市生まれ)の詩です。

――――――――――――――

『生命は』 吉野 弘(よしのひろし)

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない


――――――――――――――


世界は多分・・・・

世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?


私はこの下りが好きです。

疎遠や孤独のように感じられる世界でも、
世界はゆるやかに構成されていて、
それは、自分ではそうと気付かなくとも
互いに「虻」や「風」になっているからでしょう。


「いきものみっけ」とは違うアプローチですが、
この詩も「調和」「支えあい」というものを気づかせてくれるなぁと思います。

いきものみっけ
 おもしろいサイトを見つけました。その名も「いきものみっけ」
いきもの(植物や生物)がどういう姿であるのかをみんなで報告しあうサイトです。
 普段気づかないちょっとした季節の変化を「こんなの見つけたよ!」とみんなに教えてあげるんですね。そう言えば子どもの頃、興奮してみんなに「○○に柿がなってた」と得意げに教えていたなぁ。。


「いきものみっけ」にはこのように書かれています。

  いきものみっけはいそがしい毎日のなかで
  見たことないから知らなーい、と
  みんなが自然の調和のありがたさを
  忘れてしまわないようにおたがいを認めあえるように
  自覚なくうっかり壊してしまわないように
  「ほら、こんなところに、こんなものがいるよ」
  といきものを見つけて、教え合おうよと呼びかけています。
                (「いきものみっけ」HPから一部抜粋)
  

 それぞれ違うものが自然界という大きい世界でお互いを認め合いながら調和して生きていく。自然界では当たりまえのこと。でも、私たちはそのことをうっかり忘れてしまいがちですね。調和していきることは、私たち人間も、自然界で生きる「いきもの」として必要不可欠なことだと思います。

 テミルも「見たことないから分からない」といわれることの多い障碍者も含めて、すべての人がお互いを認めあえる社会であるように「ほら、ここでこういう人ががんばってるよ」と呼びかけていければと思っています。

Sony Soundville

Sony UK SoundvilleSony UKによるプロジェクト「Soundville」。
アイスランドにある人口800人の町Seydisfjordurで、町中にスピーカーを置き、3日間音楽を奏でるという実験。
生活に24/7で音楽がある生活は羨ましい気がするようなしないような…
この町の建物、自然、人、景観のすばらしさも相まって、まさに「ART OF SOUND」という印象。
Soundvilleのサイトでは、その他、Sonyの「音」に対するアプローチも紹介されており、現在、日常に浸透しているデジタルミュージックがいかに「本当の音」でない、潰れた音を聞いているかが再認識できたりとか。

普段、音(ノイズ)から自分たちは情報を得たり、コミニケーションしたり、感情を揺さぶられたりしていて、すごく当たり前にある存在のように感じているけど、外に出て、ふと耳を澄ました時に入ってくる音ってヘッドフォンから出てくる音よりリアルな「音」だし、都会の雑音もある意味「生きてる音」と考えると、雑音が良い「音」にも聞こえたり、などと思ったりもした。

Sony UK Soundville



手で編んだもの


写真は毛糸で編んだ敷き物です。
手作りなんです。

大胆な色使いに思わず見とれてしまいました。

計算されているような、気分屋さんのような色使い。
こんなに存在感のある敷物に何を置こうかと考えるとワクワクします。


作者は特別支援学校(知的障碍)を卒業したO君です。
O君は編み針を使って編むのでなく、O君の作り方は以下の通り。
まず、左右に釘のような棒が何本か並んだ板に、毛糸で輪を作って、右と左の棒にひっかけます。これが敷物の横糸となります。何本も並んだ横糸の間を、毛糸でジグザグと縦に通していきます。

私は弊社の事業の関係で月に何度かO君にお会いします。
糸を選んでいる様子、たんたんと編んでいる様子、そして完成するまでを見てきました。
完成品を手に取るとそれらの様子が浮かんできてますます愛着が湧きます。
きっと、既製品では味わえない良さですね。

一輪電動バイク「enicycle」
  • 2009.10.02 Friday
  • -
  • 16:59
  • -
  • -
  •  
enicycle

ちまたでは盛り上がっているHONDA「U3-X」ですが
これまた面白いモノを発見!

ホンダもセグウェイも搭載している
ジャイロスコープにより、誰でも一輪が乗れます。

ちょっと危なっかしいが、15分ぐらいで乗りこなせる様子
個人制作。電動。市販間近!?

全然私には無理ですが、この辺の技術は
確実に今後福祉の方にもやってきそうですね。

enicycle movie>>

RIBA(抱っこするシロクマロボ)
  • 2009.10.02 Friday
  • -
  • 14:21
  • -
  • -
  •  
RIBA

いあわゆる介助ロボ? 

看護婦さんの格好をしたシロクマです。
なぜ、シロクマ・・・。

こんなのが病院のあちこちにいたら
和みますね。

※人型だけはやめてー

RIBA動画>>