プラスの違和感

何か聴いたり、観たりした時、何か「違和感」を感じることがあるだろうか?
違和感というと、マイナスのイメージである。「これは良いぜ!」と目上の人から聞かされたモノを実際観た時に感じる「違和感」、「良いですね!」と答えざるをえない不本意感。一度は経験されたことがあるかもしれない。

かと思えば、プラスの違和感もある。「おっ!これ良いね!」と感じた時の+αで感じるその先に何かありそうな期待感というか、「良いんだけど、何が良いのか消化しきれない感覚」とでも言うのだろうか…

わたしはそんな「プラスの違和感」を下記サイトで味わった。

Bill Atkinson Photographyhttp://www.billatkinson.com/
他のサイトと何か違うと感じただろうか?ページ自体のデザインレイアウトは別として、写真のページなどは「なんか写真綺麗だな〜」と思っていただける人がいるだろうか。いないだろうか。いないかもしれない…
この写真家、実は、Bill Atkinson氏の作品である。
Bill Atkinson氏は、言わずと知れた初期アップルコンピュータのエンジニアであり、名機Lisa、Macintoshプロジェクト、QuickDraw、HyperCard、MacPaintなど多くのプロジェクトに関わった開発者の一人として知られている。
現在は自然写真家として活動。「Within the stone」という鉱物の中の世界を映した写真集も出している。

そして、このサイト、実は見た目以上の手間をかけて作られている。
まず、掲載する画像をPhotoshopでAtkinson氏による自作スクリプトにかけ、細かなパラメーター調整を加え、一晩かけて3600枚の画像を生成。そしてこれまたAtkinson氏自作のHyperCardスタックを使って、最適な8枚を抽出。ユーザーの環境(接続速度、モニタガンマ値など)に合わせて最適な1枚を表示させている。(MAC POWER Issue 166参照)
まさに、Atkinson氏ならではのアプローチである。

ここまで調べて、わたしの中の違和感は解消された…というより納得した感覚の方が近いのかもしれない。また、最初にサイトを見た印象と解説を見た後のサイトの印象が変わった人もいるかもしれない。いないかもしれない…

Bill Atkinson Photographyちなみに、Atkinson氏、従来にないオフセット印刷をも試みている。わたしに印刷の知識があまりないので、詳細は割愛させて頂くが、独自のカラーマッチングの手法や、エプソン製プリンタ用のカラープロファイルなどを開発したり、日本の帆風と組んで、写真集「Within the stone」を出したりと、デジタルのみならず、幅広い活動をしている。写真集はわたしも購入したが、美しく神秘的であり、ずっと見ていても飽きることがない。彼の想いが絵に乗り、さらに深い印象を与えているようである。

「違和感」、プラス・マイナスの両面あるが、一個人の言動、やってる事、作ってるモノを客観的に見た時感じることもあると思う。わたし個人の場合、自分本位に走り過ぎて周りが見えなくなったり、中身が伴わなかったり、深みがなく薄っぺらくなってしまってる時に「マイナスの違和感」を感じ、自己嫌悪に陥ったりする。しかし、そこを素通りせず、向き合い、認め、改善することで、プラスにいけるならとことん向き合いたいと思ったりもする。
Atkinson氏のサイト内では、上で書いたような手間について詳しくは書かれていないが(そこがまたにくい)、表面上には出ない一手間、二手間がモノの深みを増す要素になるのは確実にあるし、その感覚を意識することで、なにかしら自分の深みも増せるのかな、と薄っぺらいわたしは勝手に考えてみたりした。

Bill's Downloads
Atkinson氏作成のEpsonカラープロファイル等


チョーク、キットパスができるまで


2/19にダストレスチョークやガラスに描けるクレパスを製造していらっしゃる日本理化学工業さんを見学させていただきました。日本理化学工業さんは、知的障碍者の多数雇用に積極的に取り組まれていることで有名です。HPによると社員47名のうち、重度知的障がい者が22名、軽度知的障がい者が10名だそうです。見学では、知的障碍者を雇用してきた経緯と考え・想いなどを大山会長におうかがいした後、実際にチョークの製造過程をご案内いただきました。

会社の素晴らしいところはたくさんありますが、社の理念や会長の考え・想いはもちろん、それらが仕事現場に浸透し、活かされているということが、私にとって非常に大きな衝撃でした。「働くこと」において前提だと考えられてきた「人が仕事に合わせる」というものではなく、それぞれの人の特性に合わせて仕事をカスタマイズし、「仕事を人に合わせている」のです。つまりは、営業や経理など知的障碍者が担うのが難しいところを障碍のない人が担い、チョーク製造のほぼすべてを知的障碍者が担っています。
また、それぞれの製造過程でもその人ができるよう工夫されています。たとえば時計を理解できない人は砂時計を使う、一人の人が一つの作業のみに集中できるよう工程を細分化するなどです。このような工夫が一般企業でなされているということが衝撃! たとえ一般企業であってもマネジメントする側がそう言った考えをもっていれば、(もちろん数々の困難はあるかと思いますが)それを行うことは可能だということです。

以前テレビで見ましたが、理化学工業さんには40年を超えて働き定年を迎える知的障碍の方がいらっしゃいます。雇用が安定し、長期的に働くことのできる環境も見習うべきところが多いと思います。
そして何より、「見ていただいたら分かると思うが、ここで働いている人たちは、仕事をやらされているという感じではなく、少なくともやりたいと思ってやっていると思う」と笑顔でおっしゃった大山会長がとても印象に残っています。実際、仕事をしている方々の技は職人の域まで高められ、また、持ち場以外の仕事も積極的にこなすなど、自分の仕事に誇りをもってやっているということが、どの人からも感じられました。

誇りをもって取り組めること、ありますか?

美しい義肢
PlayMeDesign

これです、つまりこういう発想を目指しているのです。

いままでの肌色の義肢よりもはるかに自然です。

義肢だってメガネと同じように着替えられる

ファッションアイテムで良いじゃないですかね? 

日本では無理でしょうか・・

ノルウェーのデザインナーHans Alexander Husekleppさんの

作品でした。スバラシイです!!!


PlayMeDesign

感性を揺さぶるモノ SONY sountina
SONY sountina

「感性を揺さぶる」という言い方がある。 実際、体はどういう反応が出るのだろう? 人によってそれぞれだろうが、わたしの場合といえば、何か衝撃的な音楽やオブジェクトを聴いたり観たりした時、「瞳孔が揺れ、軽い脱力を覚える」感覚がある。

SONY sountina(右)という商品を見た時、わたしの瞳孔は軽く揺れた。これが何かということはまず置いといても「お!」と感じ、さらにこれがスピーカーだということで、さらにビックヒット。硝子に関しては遠い位置にはいなかったが、スピーカー+ガラスという発想にやられたのかも。見てるだけじゃダメだと思い、聴きに行った。流れていた曲、アンプの設定にも寄るのだろうが、音的には個人的に好きな「低音域から中音域ちょい上くらい」は若干控えめに感じた。がしかし、スゴイのは、ある程度離れても、音が変わらない!音圧というか、音量というか… 普通なら、スピーカーのある角度から外れると音が変わるが、それがなく、ある程度一定の音を感じることが意外で不思議な感覚でもあり心地良い感じでもあった。洗練された大人のバーやレストランでさりげなく音を奏でるイメージを勝手に想像し、勝手に納得した。

以前からSONYのQualia(クオリア)製品にはコンセプトから何から何まで感銘を受けたので、sountinaもその流れを受け継いでいるのだろう…とこれまた勝手に感じた。
感性を揺さぶられたとはいえ、ショールームで「おー、すげー」とか「ロックな曲ないすか?」とか、リモコンピコピコ触りまくり、意味もなくsountinaの周りをグルグル回ったり…丁寧な対応をしてくれた店員の方の少し困り顔を思い出すと反省…

「おっ!」と感じる時、あなたの体はどんな反応をしますか?

SONY sountina HP
SONY sountinaショールーム/取扱店


感性評価とカウンセリング 第2回
さて、今日は傾聴技法について。

傾聴技法とはまず、聴いているだけ、こちらが話さないという
ものではありません。よく、ただ聴くことに徹するのが傾聴と
勘違いしている人がいらっしゃいますが、ちがいます。

あくまでも意図的に話をしてもらえるように面接を組み立てて
いくのが傾聴技法です。適度に質問をしながら、それもイエスノーで
答えるような質問(閉ざされた質問)ではなく、自由にそのことに
思いを話すことのできる質問(開かれた質問)をしながら話を
引き出したり、適度な相槌や言語追跡をおこないつつ、時には
励ましたり、言い換えたりしながら、必要な話をしていただきます。
これが傾聴の基本的技術です。

例えば、相槌の打ち方ひとつで面接というのは変わります。
共感をしめす言葉をどこで発するかで、相手は自分のことを
理解してくれているか否かを判断したりします。

昨日の基本的姿勢と合わせて、この傾聴技法をしっかりと
意識して使用できるだけで、面接の効果は大きく変わってくると
いえます。

これからも専門職として私たちも技術を磨いていきたいと思います。

感性評価とカウンセリング 第1回
私たちも深層心理に迫る調査を始めて、もう3年が経過しようと
しています。そして、その深層心理をさぐる調査を始めて今回
体系化して見えるようにしました。
生活について、生死にかかわるところも含めてかかわるのが私たち
社会福祉士です。ですから人の心の奥深いところに入り、解決
しないとその人の生死にかかわるのです。逆に生死にかかわる
問題をもつ人は、そんなに簡単には心の中に入れてくれません。
それを専門的技術をもって心を開いていくのです。

深層心理に迫ると簡単に書いてある媒体もよくみかけますが
みるたび、専門職として疑問を感じます。前述のように深層心理には
そう簡単に迫れないからです。そこで、今回はどのようにして
深層心理に迫っていくか、私たちの構造化された技術を経験と
ともにお伝えしていきたいと思います。何かのお役に立てばと
思います。


第1回は傾聴技法の前段階、「面接者の姿勢」について考えて
いきます。マイクロカウンセリング技法(アレン,E,アイビィ博士による)
では「かかわり行動」といいますが、面接者の基本的姿勢は
非常に大切といえます。
それは声の調節、身体言語、言語追跡で言い表します。
(マイクロカウンセリングではその他に文化的に適した視線がありますが
実践していて日本ではあまり必要としないと思います)

この中で大事なのは身体言語と言語追跡だと思います。
身体言語とは面接時の面接者の姿勢や姿勢による意思伝達です。
例えば、極端に言えば相手がのげぞっていたとしたら、話なんか
したくはないですよね?だから適度に前に向いている必要があります。
また、「そこを話して欲しい!」って時は前のめりに意図的になるのです。
そのことにより、相手はその部分についての聴き手の興味を感じて
話をしていきます。

また言語追跡とは話をして欲しいキーワードが相手の語りの中にあった
場合、すかさずその言葉を発します。例えば・・・

相談者「・・・・なんです。ですけど私は携帯電話が気になって。」
支援者「携帯電話ですか?」
相談者「そうなんです。携帯電話が・・・・・」
というように、相手に話をしつづけてもらうことができるという利点と
相手に対して「話を聞いてますよ」という意思表示ができるのです。
これは深層心理を解明していくのにとても有効な技術です。
これを意図的に使えるか否か。意図的か否かが専門職かそうでないか
の違いであると思います。

ケースワーカーをしていた時、この技術を普段から使っていました。
これをしっかり使っていくと、当然、信頼関係をつくるのにも有効なのです。
インテークといって初回面接、最初の面接というのがあるのですが、
これは最初の30分が非常に大切です。この30分にこの技術を使って
どれだけ話を聞いて差し上げられるか、これがその後のケースワークに
大きな影響を与えます。うまく話を聞いて差し上げられれば、信頼関係
ができ、その場で泣くなどの感情を吐き出してもらえることすらあるのです。

マイクロカウンセリングにおいてはこれは本当に入口です。
しかし、それを使用するだけでもずいぶんと深層心理にせまって
いくことができるのです。そしてその深層にこそ感性が隠れていると
考えています。

次回は傾聴技法に入っていきます。






テミル調査の強み
定量調査と定性調査はどちらがいいのか?これは多くの人が抱いている疑問ではないでしょうか?
双方の主張が対立していると考えるとき、定量調査でよく用いられる主張は、「N数が多い方が多くの人の意見を反映しており、かつ客観的である」というもの。一方、「量では見えないこともある。その人の考えや想いの背景をライフスタイルも含めて深く見ていこう」というのが定性調査の主張です。

しかし、テミルは双方が対立しているとは考えていません。どちらも、用途に応じて使い分ける必要があると考えています。一部の研究者の方々は(たとえ統計学の先生であっても)、「どっちも大事。要はどこに焦点を当てて調査するか」とおっしゃっています。
つまり、数勝負で全体をぼんやりと把握したい場合はサンプル数にこだわり(定量調査)、人間の生活や考え、想いがどうなっているのかを知りたい場合は、サンプル数よりも深さにこだわる(定性調査)ということです。

そして、テミルは定性調査を得意としています。理由は、生活に関する知識を備え、面接の技術をもった社会福祉士が調査をするからです。強みは人々の生活を理解しながら、個々の想いや意見を聞きだすこと。また、テミルの感性評価ではSD法という調査も同時に行うので、統計学的な根拠も得ることができます。

ただ、おもしろいことに、全体の傾向として5人ほど調査を行うと、ある種の共通項が見えてきます。私は、個別インタビューとなると、個々の生活や考えは多様で、意見も違うと考えていたのですが、深い部分で共通した何かが見えてくるのです。奇抜で個性的な意見ももちろんありますが、一定の法則性をなすのです。個々は違うように見えて(もちろん細かいことを言うと全く違うんですけど)共通項ではくくれるんですねー。

感性評価事業( プロダクト・グラフィック・空間・VI ) ホームページ更新 !
この度、テミルでは感性評価事業を充実させました。
そして本日、ホームページを更新しました。

テミルの感性評価事業の特色は何と言っても、面接相談の国家資格
である「社会福祉士」資格所持者が調査にあたる質的調査であること、
心理学の研究手法であるSD法により因子分析を行うことにあります。

このことにより、今まで見えなかった消費者のインサイトが見えて
きます。またSD法因子分析もプラスされ、圧倒的な説得力で様々な
デザインやブランドイメージに迫っていきます。

詳しくは感性評価のページをご覧ください。

テミルの感性評価のホームページ

英国のソーシャルファーム
昨日、財団法人日本障害者リハビリテーション協会主催の
国際セミナー「障害者の一般就労を成功に導くパートナーシップ」
に参加してきました!
これはなかなか面白かったです。
ですからご報告。

日本では知的障碍者の就労については福祉的就労がまだまだ
主体で一般就労は進んでいません。このこと自体は社会環境が
まだ整備できていないため、単純には比較できないと思います。
しかし、このソーシャルファームは面白いと思います。
私たちが目指しているビジネスモデルにも近いと思います。

まず印象的だった定義としては
「ソーシャルファームは、その社会的任務を遂行するために、市場志向の
商品の製造およびサービスを提供するビジネスである。」という点。
「できる仕事」に人が合わせるのではなく、結果的にそうなれど、
「社会的任務の遂行」がまずあること、これは働く意欲に大きく影響します。
また「ビジネス」であるという点も当たり前のことが当たり前に新鮮
でした。米国ではSocial firmではなくSocial businessというそうです。

次に、「ソーシャルファームとして、その収入の少なくとも50%は
売上から得られている(つまり、公的資金、民間資金による援助、
或いは寄付金には寄らない)」という点。英国でも最初は人件費補助が
あるようではありましたが、それに依存しない体質であるということ
は、日本にある特例子会社のように(制度としてではなくある姿として)
ビジネスとして存在しているということがまたまた新鮮でした。

そして、英国では25%以上が障碍者であることを条件としているとの
ことでした。講演の内容をすべて記すことはしませんが、講演で
紹介のあったソーシャルファームのアドレスを載せておきます。

Street shine
これは街や駅や靴までも磨こうという会社

Catering2order
本サイトは更新中みたいなのでニュースサイトですが、オリンピック
関連の建設現場での配食サービスを入札で落としたようです。

Newco products
ここでは難病等により長時間勤務が困難な人たちが自分たちの
状態に合わせて働けるようです。

Penbrokeshire frame
上記と同じようなところ。

まだまだありましたが、これくらいで。
またご報告します!


障害者の感性で
「障害者の感性で 企業との連携、広がる」

1月29日の毎日新聞より

弊社でも進めている「感性評価」ですが、健常者だけではなく視覚障害者の鋭い指先の感覚を生かして、タオルの肌触りの良さをチェックし商品を開発する取り組みが行われているようです。

確かに視覚障害の方の指先はもの凄く敏感です。一緒に食事などしていると、私たちが気付かないような情報がすべて指先から伝わっている感じがします。

こういったカタチで企業との連携が広がっているのは、ホントにすばらしいですね。