深澤直人さん 「森と水デザイン会議」


昨晩、港区のエコプラザで開催された「森と水デザイン会議」に参加し、デザイナーである深澤直人さんのお話を聞いてきました。深澤さんは音楽家の坂本龍一さんが立ち上げたmore treesの活動に賛同し、ベンチをデザインされています。昨晩はその活動のことと「エコとは?」についてお話しくださいました。話は「アフォーダンス(affordance)」にまで及び、大変興味深い時間を過ごしました。

「アフォーダンス」とは造語であり、アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンによって提唱されました。生態心理学の基礎的な概念であり、簡潔に表現するには無理がありますが、「生物(人間や動物など)は、環境に実在し、意味や価値を探索することによって、日常生活や知覚・認知などを獲得する。また、生物と環境は等しい価値であり、(無意識において)互いは調和しようとする」といった考えです。

私は「調和しようとする」という言葉に強く惹かれました。
深澤さんは「デザインの輪郭」という本の中で「行為に溶けるデザイン」について述べていらっしゃいます。深澤さんのデザインは、やはり人々が無意識にとってしまう行動と調和しているのですね。だから、人々の心の中にすーっと入ってくる、そんな風に思いました。
そういう意味でも、深澤さんは非常に深いレベルで人々を捉えてデザインをされているのだと、ハッとさせられました。おもしろい。

弊社の調査は、ユーザーの生活を知り、ユーザーの語りにしっかり耳を傾けることを最も大切にしています。それは、ユーザーは自由に話をすることで、自身が気付かなかった面に気づいて更に深い話をしてくださったり、調査者がユーザーの無意識にとっている行動を見つけたりする可能性が非常に高いと考えるからです。これは、弊社が目指しているワクワクする商品やサービスをつくるために大きなヒントになり、弊社の感性評価でも重要な手法の一つです。

深澤さんのお話は、人間を生態系の一部としてとらえることで、人間のさらに深いところが分かってくるのではないかという新たな課題を提供してくださいました。
おもしろい課題にワクワクしています♪

more trees


OBJECTIFIED
OBJECTIFIED

アップル・チーフデザイナー
ジョナサン・アイヴのドキュメンタリー映画

http://www.objectifiedfilm.com/objectified-trailer/
▲予告編

工業デザインをテーマにしたドキュメンタリー映画で
他にもプロダクトデザイナーが多数出られ、
日本を代表する深澤直人さんも出演されるそうです。

楽しみですね♪ 日本公開は未定だそうで・・残念。

100 Design books covers
Design books covers


感性が磨かれます・・・。

どれもこれもカッコイイですな・・・。

こういうもので自分に刺激を与え

続けないといかんです。

「100 Design books covers」
http://www.evasion.cc/blog/comments/100-design-books-covers/

Lovely Package
Lovely Package


いろんなモノの洒落たパッケージを紹介する海外のサイト
「Lovely Package」
http://lovelypackage.com/

海外のパッケージは、なんか、こう・・大人。

日本の広告とかパッケージとか
なんで子供っぽいモノが多いんだろう・・。

normann copenhagen(ノーマン コペンハーゲン)
normann copenhagen


normann copenhagen
(ノーマン コペンハーゲン)
http://www.normann-copenhagen.com/

デンマークに本社のある国際的なデザイン会社
おされ♪ サイトもイイ


体重支持型歩行アシスト(動画)
以前紹介したホンダが開発中の「体重支持型歩行アシスト」の追記です。というか、ムービーです。なかなか面白いですね。確かに中腰の作業が多い人にも便利かも・・ちょっとはずかしいですが(^^;

■デモ
http://jp.youtube.com/watch?v=Jq7sC28ENIk

■プレス
http://jp.youtube.com/watch?v=pp4XUvgqkbU

テミルデザイン実績
もうかれこれデザイン生活20年になり、
そのうちWebは17年にもなります・・
早いモンです。

載せきれない実績ですが
テミルになってももちろん作り続けているので
見栄えのいいのだけ(笑)
サイトにアップしました。

お仕事を依頼されたら
秘密のサイトも見せちゃいます♪
なんて。

Webだけではなく、紙モノも
何でもやりますんでよろしくお願いいたします。

今年の目標はプロダクト系1つ
やりたいもんです。

ということで実績はこちら
http://temil.jp/business/others/design.html


Fingers Scissors (チョキっ!)
Fingers Scissors (チョキっ!)

UDではありませんが・・(^^;
なかなか面白いですね
こういう発想。
かなり力がいりそうですが(笑)

http://www.yankodesign.com/2009/01/09/keep-on-finger-snippin/


HAREL(ハレル)「ウェブサイトのバリアフリーを診断」
HAREL

ちまたにいろいろあります「ウェブサイトのバリアフリーを診断」ですが、NTTデータが無料で自動診断してくれます。その名は「HAREL(ハレル)

「同意する」にチェックを入れてプッシュボタンを押すだけで100点満点で評価します。ちなみにテミルサイトは75点。まあまあな出来でしょうか・・もう少し頑張りたいと思います。

実際はこれで高得点をとったところで「バリアフリーなサイト」とは言えないと思います。やはり実際にアクセシビリティチェックやユーザビリティチェックはユーザーにテストしていただかないと本当のバリアフリーではないと思うのです。

ちなみにmixiで知り合った視覚障害の方曰く「最近、視覚障害者の若者に何が起きているかというとパソコン離れです。 らくらくフォンが普及したし、携帯用のページのほうがメニューが少なく読みやすいことが多いです。 」とのこと。ま、確かにちゃんとしゃべってくれますしね。

サイト離れは視覚障害の方々だけではなく、若い人から始まっているようですが、「デザイナーの独りよがりサイト」や、「担当者の好み」、「予算がなく自称WEBデザイナーに頼んだ」などなどの、見にくい、使いにくい、そもそも見てみたいと思えない・・ユーザーを無視したモノを作り続けていくと、高齢者や若い人ばかりでなく、みんな携帯でいいやって思う人が多くなってくるかもしれませんね・・

サイトの本当の意味での使いやすさをもう少し真剣に考える時代にもう入っていると思うのですが・・なかなか険しい道です。自己満足なサイト作りはそろそろやめにしたいものです。




あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます

いよいよ始まった2009年も
とにかく頑張っテミル!

今までやってきたことが、
準備してきたことが
間違いなかったと確信できる年に
なるでしょう。きっとなります。

そう信じて
今年もよろしくお願いいたします。