「充」
ブログを書く、書くと言いながら早数ヶ月。サボりすぎでごめんなさい。
今日は、2007年最後の日。今年は私にとってどんな年だったのか、忘れないように書いておこうと思います。

金曜日、テミルの忘年会があった。その時に、「今年の出来事ベスト5」を発表したのだが、そのベスト1にはダントツで「テミルに出会ったこと!!」がランクイン。
人は、いくつかターニングポイントがあって、何年後かに過去をふりかえるとき、「あんときよ、私の人生が変わったのは!!」と話をすることがあると思う。私はきっとそのときに「テミルとの出会いは私の大きなターニングポイントだった」と胸を張って言うだろう。まだ、ずっと先の話だろうが、それほど私には衝撃的な出来事だったのである。
そんな出来事を体験したこの一年。この複雑な一年をここで簡潔に表したい。今年を漢字一文字で表すとどうなるのか?ん〜、そうね。色々考えて、頭を捻って出てきた一文字。
「充」という漢字。

私の最大の目標は、豊かな人になること。そのためには、いろんな人と出会い、いろんなことを経験していきたい。そして、自分の「引き出し」を増やし、みたしていきたい、私は常日頃からそう考えている。

幸せなことに、今年は毎日がそんな1年であった。社会人1年目のわたくし、見るもの、聞くこと、感じること、全てが初めて。私は貪欲にそれら全てを自分の引き出しに突っ込んでいった。
「充」は、みたすという意味がある。「なんで屋カード工房」のブログで読んだのだが、「満たす」は器の大きさが決まっているが「充たす」は器の大きさは決まっておらず、充たされるほどその器が大きくなっていくらしい。
今年はまさに、そんな毎日だった。いろんなことを体験し、自分の引き出しを充たして充たして、留まることをしらない。引き出しもいっぱいになることはなく、柔軟にどんどん大きくなる。そんな体験をさせてもらった。
ここで忘れてはいけないことがある。引き出しは、決して一人で充たしていったのではないということだ。テミルで出会った多くの方々が、私に色んな体験をもたらしてくださった。私は心から幸せものであると思う。「ありがとう」を叫びながら、ずーっと走りたいくらい。みなさまに伝えたい。

私は、自分の引き出しが充たされていると感じると心が踊る。世界がキラキラして見えて、楽しくなる。今は私の中だけの体験だが、いつかはその気持ちを多くの人と共有できるといいなあ。それが私の夢。

来年は特定の分野に固執せず、幅広い視点で引き出しを充たしていきたい。今からとっても楽しみで、胸が高鳴る。

熱く語っているうちに、今年も残すところ、あと1時間となってしまった。
では、みなさま、よいお年を!!

年末年始のお知らせ
株式会社会社テミルは、
本日2007年12月28日16:00〜来年2008年1月6日まで
お休みとさせていただきます。

今年もお世話になりました。
今年はのんびりと年越しが出来そうです。
これも、みなさんのおかげです。

テミル3年目に向けて頑張ります。
また来年もよろしくお願いいたします!!

BAR DEN INMU
BAR DEN INMU

昨夜は、私が尊敬するデザイナーさんとその会社のスタッフとの忘年会。事務所が表参道なので、そっちの方へ向かう。※やっぱり表参道はウズウズする♪いつか事務所も引っ越したい・・・そして住みたい。

連れて行ってもらったお店は「隠れ家バー BAR DEN INMU」。ま、料理はそこそこですが(Kさんすみません、連れてってもらって、ご馳走にもなったのに)、内装とか雰囲気とかなかなか良かった。お酒の種類も豊富だし、店員さんもちゃんとしている。朝の4時までやっているのもいい。なかなか最近そういうお店がないのよね〜

今回はまんなかの部屋(?)でしたが、少し人数が多いと右の写真のように怪しい半個室に入れる。是非一度お試しアレ。



※駐車場が高すぎるゾ、表参道!!コインPで1時間1,000はないだろう〜(T^T)

パラダイス・ナウ


忙しい合間を縫って、夜中に見たビデオ。

イスラエル占領地のヨルダン川西岸地区。
自爆攻撃に選ばれた幼なじみの二人の若者が体に爆薬を
結びつけて葛藤する48時間を描いた映画。

ストーリー自体はシンプルだし、凝った演出もないけりれど
価値ある作品。よほど豪華キャストによる駄作オー●シャンズ13より・・


改めて問題の根深さを知りました。

少子化と親支援
少子化が問題になっている。次世代育成支援などが法整備されるなか、
母親支援が少子化打開の鍵と考えている人が多いように感じるが気のせいか?

近年、女性の社会参加(この使い方は好きではありません。専業主婦も
社会に参加していますから)が推進されるようになり、
それとともに出産による『働きにくさ』を懸念して(または実感して)
出産を躊躇していることも主要な少子化の原因のひとつに違いない。
そのため育児支援などを介して母親支援を行い、女性が出産により
働きにくくならないようにする取り組みが行われている。

さて、しかし、母親支援で少子化は解消されるのだろうか。
私はそれではスピードが遅いと考えるし、女性に子育てを任せる
という意識構造は変わっていないのではないかと思う。

今、大切なのは父親が子育て参加を積極的に出来るように支援すること
ではないか?世の中全体がこの形にパラダイム転換できれば劇的に変わる
と考えている。

育児休業も公務員と一部の民間企業しか男性は取得することは
実際のところ困難であり、深刻な保育所不足の中、出産により
退職を余儀なくされる女性も多い。だから保育所不足を解消しよう
とする動きが有るわけだが、問題はもっと奥にある。子育ての
男女平等を実現せねばならない。そうしなければ少子化は解消しない。
少子化が解消されなければ高齢社会の問題は膨らむ。
高齢社会が問題になれば社会保障費は増えるばかり。
社会保障費が増えれば働く意欲を削がれる若者も増えよう。

様々な社会問題となっている現象につながる少子化について今一度考えたい。
今こそ木ではなく森を見ねばなるまい。

そのようにメーカー勤務のマーケッターの友人が書いた子育て参加の
日記を読んで考えた朝でした。

Happy Holidays!


Happy Holidays!

昨日は教会なんかに行ってきました。
やっぱりいいもんです。
街に出ればイルミネーションできれいですが、
クリスマスの準備が早すぎて昨日で気分が
終わってしまいました・・いけませんね・・
今日ですからね。

クリスマスにちゃんと帰れるなんて社会人になって
初めてかもしれません。
きょうはのんびり過ごして、忘年会後半に備えます。

みなさんも「良い時間を」過ごせますように。


もしも空が落ちてきたら


朝食に雲をいただきましょう。





今回は素敵な絵本をご紹介きのこレッド

アメリカの作家クーパー・エデンズのこの作品は、
多くの賞を受賞し、100万部以売れたベストセラー。

本屋さんで出逢い一緒に帰宅しました。

「もしも空が落ちてきたら・・・」の他に、
「もしも夜が落ちてきたら・・・」
「もしも時計がとまったら・・・」
「もしも最後のダンスになってしまったら・・・」
「もしも靴下が合わなかったら・・・」
「もしも太陽が二度と照らないのなら・・・」と、

 ちょっと悲しくなるような、切なくなるような、
 寂しくなるような、怖くなるような、
 たくさんの「もしも・・・」があります。

 でも「朝食に雲をいただきましょう。」のように、
 頭や心のどこかがピカっとひらめき光って、
 子ども心を忘れた人なら思わず「座布団一枚!」と
 手を挙げたくなるのでは??
 その、ペロっとひっくり返したような独特な明るさが魅力です。

  
 そして気がつくと前よりも元気になっています。

  
 
  







石井ちゃんとゆく!
石井ちゃんとゆく!

UHB北海道文化放送にて、毎週木曜
21:54〜22:00放送されている「石井ちゃんとゆく!」がなかなか面白い。番組内容は「UDとは?」という大きなテーマなのだが・・・

※番組サイトより>「石井ちゃんとゆく!」はその名が示すとおり、石井ちゃんとみんなでUDを考える番組です。さあ、 石井ちゃんと一緒に“UDワールド発見”の旅に出発しよう!・・・・とテーマも軽い。

で、この石井ちゃんがUD商品を軽く・ふざけて・そして、おもしろおかしく紹介する。が、適当に分かりやすい。UDの第一歩を知るにはこういうことでいいんだろうな〜と思う。

この番組、東京でもやって欲しいナ〜 で、石井ちゃんって誰?

高級中国四川料理:登龍 麹町店
担々麺

最近ブログの更新がレストラン情報しかないのが気になりますが(^^;)忘年会も近いのでお許しください。今回ご紹介するのは麹町にあります「高級中国四川料理:登龍」。日本一、担々麺が旨いと思う店です。

以前、会社が近くにあったので月に1度は食べていたような。ランチで担々麺1杯1,600円とちょっと高めですが(昨日行ったら1,800円になっていた・・)ほどよい辛さの中に濃厚なゴマの風味が広がる・・んんん・・なんか、定期的に欲しくなっちゃう味なんですよね〜。で、昨日は友人達と忘年会。しかもディナー。えらく高いので遠慮して頼んでいたが、1人6,000円ちょっとですみました(酒飲まなかったからかな)。ちょっとしたホテルの中華並でしょうか。お試しください。

※麻布にもお店がありますが、味がまったく違うので麹町店がオススメですっ!