介助の経験
私的なことですが、私は2年間、脳性麻痺の方(Aさん、女性・5☆歳)の介助のアルバイトをしていました。
そこでの思い出事を書きたいと思います。


今回はコミュニケーションについて。
(次回があるかどうかは未定です・・・てれちゃう

Aさんと初めてお会いしたのは2年前の7月。
Aさんは、生まれたときから脳性麻痺のために四肢麻痺と発話の障害をもっていらっしゃいます。
5☆歳でいっらっしゃいますが、某アイドルグループの大ファンで、
お茶目なお方です♪♪


今でこそ、コミュニケーションは取れますが、
初めの頃はAさんの言葉が聞き取れず、
なかなかコミュニケーションがとれなかったのです。

Aさんの言葉が聞き取れなかったとき「何度も同じことを聞き返したら失礼にあたるし、Aさんも疲れてしまうだろう」と勝手に思い込み、
なかなか聞き返すことができなかったのです・・・。
その場の雰囲気や話を中断させまいと意識し、
聞き返すときも「すいません、すいません」という言葉ばかりが出てしまい・・・。


でも、本当は違うんですよね。
むしろ、形ばかり繕って知ったふりをして返事をしていたり、
あかたも聞き返すという行為が悪いことみたいに振舞ってしまう、
そのこと自体が失礼にあたるんですよね。


このことを痛感したのは、Aさんが
「そんなに謝らなくていいのよ。ちゃんと意思疎通したいから、むしろ分からないなら何度でも聞き返してほしい」とおっしゃった時でした。


あ〜、自分はAさんときちんと向き合ってなかったんだな〜って。

私の憶測ですが、もしかしたら発話の障害を持っているAさんは、
幼い頃から何度も聞き返されるということが多かったかもしれません。
なので、聞き返されることに慣れていらっしゃってて、
それを「当たり前のこと」「普通のこと」と感じていたかもしれないし、
また、聞き返すことを遠慮する相手(初めの私のように)に対して、寂しい思いをされていたかもしれません。

もしこのようにAさんが感じていたとしたならば、
私が初め過度に遠慮していたことや危惧していたことは、
きちんと意思疎通したいと思っているAさんに対して、
気を遣っているようで、気の遣いどころを間違えていたんだな〜と。
心配だったなら、心配だということを伝えて話合えばいいんだな〜と、
いえると気がします。


このことは障害を持っている持っていないに関わらず、
全ての方とのコミュニケーションでいえることだと思います。

自分で勝手に思い込んで、相手のことを想っているようで、
想っていない・・・なんて悲しいし、
人それぞれ、想定や前提としていることが違うので、
そこにズレや違和感を感じるときは、やっぱり話あって
歩み寄っていきたいな、と思います。

このことに気付かせてくれた出来事でした。




おわり。










散歩する惑星 愛蔵版



2000年カンヌ国際映画祭 審査員特別賞受賞
ロイ・アンダーソン監督作品
2000年/スウェーデン=フランス



30年勤めた会社に突然リストラされたおじさん.
自分の会社に放火する男.
手品に失敗する手品師.
精神病に入院している息子(昔は詩を書いていた)
白塗りの登場人物たち.奇妙な行進.
200mに8時間もかかる大渋滞.


などなど個々のシーンはシュールでブラックユーモアがあふれる.
余白が多く,思わずクスリと笑ってしまう.
でも,作品のテーマを考えると結構笑えない.
それにシュールといっても,現実でも同じような意味のことは起こっているだろうし,そう考えるとやっぱり怖い.

CGを使わずにアナログに作られた本作は制作に4年かかったとか.出演者も監督が街でスカウトした素人の人ばかり.でも,そのお蔭で妙なリアル感が出ていると思う.

また観たい作品ですきのこレッド

かもめ食堂
かもめ食堂

ブログネタが減ってきたので、レストランについで
映画のネタを書いテミル。(ネタばらしはなし)
※おっ!でも、100コめのブログだ。パチパチパチ〜

いまさらだが「かもめ食堂」を観た。

ゆる〜くて、特に事件もおこらず、悪い人もいない
でも、フフっと思わせる普段とちょっと違う日常が感じる
ステキな映画だった。

役者もよかったし、映像のの質感も色合いも、風景も、
ロングテイクなカットも、小物や洋服、ひとつひとつが気になる。
センスがいい。そして、おにぎりが食べたくなる。

9.22から始まった萩上直子監督作品「めがね」も
観にいかなくちゃ♪







駐車禁止除外指定車証
法務局に行った。出てきたら、警察が私の車を取り囲んでいた。なになになに??? 

一応、除外指定車両のステッカーはおいてある。特にじゃまな場所でもない。恐る恐る近づいてみると、婦人警官にこう言われた。「8月から改正で、このステッカー以外に行き先と運転者の連絡先の電話番号を表示しないといけないのですが、ご存じではありませんでしたか?」と。すみません・・全く知りませんでした・・。

早速ネットで調べるが、なかなか見つからない。唯一あったのがココ。ほんとだ、「運転者の連絡先と用務先を標章と共に表示。」と書いてある。他にも「「指定車」から「指定者」へ標章交付が車両特定交付から本人交付に変わります。 つまり、車両を所有していない方でも標章の交付が受けられ、タクシーや他の方の車両に乗車する場合にも標章が使用できます。」などと。

しかし、各都道府県にバラツキがあるようです。調べようにもよくわからない。この除外車ステッカーをもらっている人ぐらいには情報を送ってくれればいいのに、そういうこともない。不親切だな・・。もう少し調べたらまた報告したい。




Le Corbusier
LE COEBUSIER

週末に「Le Corbusier」展に行ってきた。
この連休が最後のせいか、もの凄い人だった・・
※六本木ヒルズの展望台だけが目当てだった人も沢山いて、
チケット売り場がもうグチャグチャだった。

コルビジェ。言わずとしれた建築界の巨人、近代建築の始祖、
20世紀最大の建築家−さまざまな呼称を冠せられる
ル・コルビュジエ(1887-1965)。
彼の絵画から彫刻、そして建築や都市計画の図面や大型模型、
家具などなど膨大な作品が溢れかえっていた。

この時代にここまで考えられていたとは・・
刺激を沢山もらえた週末だった。

来週は新しくできた「横須賀美術館」か、
キースへリング美術館」にいきたい!

へアースタジオ「ショコラ」


今回はへアースタジオ「ショコラ」をご紹介!といってもお店ではありません。テミルも協力に参加しています、NPOこども福祉研究所が企画・活動中の「西東京市ワイワイプラザ」という、子育て支援プログラムにて、子育てに忙しいお母さん・お父さん達にこどもの髪の毛の切り方を指導、またはその場でカットしてあげるというプログラムの1つです。

指導、カットしていただいているのは「イケメンカリスマ(死語!?)美容師」なんてね・・。船谷と私の高校の同級生。保谷駅北口駅前でクエストというお店を経営する五味さん。毎月1回、ボランティアで参加していただいてます。(※ありがとう!純ちゃん!!)

月曜日に第2回目があったので行ってきました。もう、大変な騒ぎです(笑)いや、ショコラ自体も好評で、今回も10組が参加。それもすごい騒ぎですが、髪を切られるこども達の恐怖で泣き叫ぶ姿がすごいのなんのと、大騒ぎ(^^;) 見ている分には可愛くて楽しいんだけど、本人達はそれどころじゃなく必死に抵抗・・・。途中、ビデオを見せて何とか落ち着かせるも、五味さんが近寄るともう大変。病院の医者と同じ扱いですね。恐怖以外ない感じでした。

でも、実際に切るのは五味さんではなくお父さん、お母さんなんです。そのテクニックを伝授するのが本来の目的なわけです。まずは「はさみ」と「くし」の持ち方の基本から教えてくれます。お母さんがやればそれなりにこどもも落ち着くわけです。中にはバリカンで丸坊主にしたい!という人もいましたが、バリカンの使い方も意外と知りませんよね?その辺も時間をかけてじっくりやっていました。

朝からやって15時に終了〜お疲れ様でした。いや〜良い企画です。もっともっとたくさんの人たちに来てもらいたいですね。10月もありますので、新東京地区で子育て中の方々、是非いらしてください!

左のイラストは部屋にかける看板。ショコラマーク作ってみました。カプチーノとかミントティイーとか他の部屋のキャラもこれから作る予定です。こども達にかわいい〜といってもらえるようなマークをどんどん作ろうと思いますっ!なんか楽しくて幸せな仕事♪

TOKYO WINE WAVE
TOKYO WINE WAVE

TOKYO WINE WAVE」のサイトが立ち上がりました。10.1に本格始動なのでまだまだ工事中もありますが、知り合いのソムリエさんが運営しているサイトなので、オススメの美味しいワインがたくさんあると思います!ワイン通の方、是非お試しください〜。※そしてデザインは私が担当させていただきました(^^;)