許可証発行検討!?
相変わらず障害者用駐車スペースに不正駐車する健常者の車が後を絶たないことに悩んだ佐賀県は、今年の3月に「ユニバーサルデザイン推進指針」を策定し、その1項目に「身障者用駐車場利用許可証の実施検討」を盛り込み、駐車場利用を許可制にすることで、不正駐車防止すに役立てようと考えたようです。県によると、都道府県で利用許可証を発行している例はまだなく、実現すれば画期的な試みになりそうだ。(2006.7.3 毎日新聞より一部抜粋)

ついにここまできたか・・もうモラルではやっぱり解決出来ないんだな。佐賀県で始めるっていうのが微妙なきもするが・・東京でも発行証を出すことになるのだろうか・・障害者だけでなく、病人や、妊婦さんも利用することはあるが、その辺をどう考えるか。

もう一つ、同じく佐賀のベンチャー企業が不正駐車を防ぐシステムも考案したそうで、駐車をするとセンサーが検知。駆けつけた係員が、健常者なら注意を、障害者なら介助の手伝いをするというもの。※回転灯が回って、音声で「すぐに係の者が参ります」っていうらしいです。イタチごっこのような気もするが・・

障害者手帳とETCをリンクさせてはどうだろう? 妊婦さんにも有効期限のあるETCを区が渡すとかね。携帯に組み込んだり、いろいろやりようはあるかもしれない。が、あとはやっぱりモラルの部分が多いのは確かだ。この話題をするといつも収まるところが「モラル」っていうのが悲しい。

駐車場にあるポール


わりと開発された街で、わりと整備された駐車場。永遠と迷って見つけた障害者用の駐車スペース。なんの誘導も目印もないっていうのは今どきありえないです・・・。途中で誘導のマークがなくなる不思議なビルの駐車場。やっとたどり着いたのはいいが、ポールがドドーンと置いてある。テクニックとして、横付けできれば窓を開け、手を伸ばしポールをどかせる(ただし運転手側に付ければの話しだが)。前にバックで押してどかそうと思ったら、車の下に入っちゃってかえって手間取った(^^;)※車にもよりますが、前から押した方が押せる確率は高いです。で、面倒だが、えっちらおっちら下りてどかす。車いすでの移動しか出来ない場合、非常に面倒である。よく見ればポールの上部に「ご利用の方はご連絡下さい」と書いてあるが、字が小さいから近寄らないと見えないし、見えたとしても、そんなの面倒で呼ばない可能性大。電話したとして、何階のどこに自分がいるか分からないし、障害者用ってココだけじゃなくて、他にもあるでしょー?どうやって伝えればいいのかなー。と不思議に思い、つい写真をとってしまった。これ、健常者の人はすぐどかせるから意味ないし、障害者はどかすの大変だし、もう少し何か良い方法はないですかね?

AT免許?
免許の更新の時に、まず車のクラッチが動かせるかテストされ、ちょっと半クラがきついなーってことでATに変更され、つま先が上がらないけど、ビックスクーターには一人でまたげたので、バイクの方もAT専用にしたら?と言われ、免許変更させられてししまった。

その時には何とも思わなかったのだが、帰ってきてから「何だか強引な・・」と思ったのを憶えている。だったら元気になったらMTに乗れるように変更もしてくれるのか・・・多分、無理だろう・・・失敗した。

そしてサイトを見ていたらこんなモノがあった。「KLIKTRONIC(キリックトロニック)電気シフター」というらしい。http://www13.ocn.ne.jp/~sidecar/amtac01.html 説明によると、フルスロットルの加速をクラッチ操作を無くしシフトUP出来る装置で、障害者用と言うよりはレース向けのパーツだそうだが、コレ付ければ乗れそう。リアのブレーキも右手でやるのがあるそう。結局どうやっても頑張れば何でも乗れるってことです。

この改造の場合はやっぱりAT用の免許では乗れないのだろうか・・多分、無理だろう・・・ホント失敗した。

教育


昨日書いたオリジナル杖の話しのつづき。今朝、徹夜明けの私に家からメールがきた。息子が私の杖に感動したらしく、一人でゴソゴソと自分の大切にしているカードフォルダーにシールを貼って「十字架」を作った。んんん・・なかなかイイではないか・・。

親としては何かうれしく思うが、こんなにも影響がいくのかと驚いた。当然といえば当然で、あるときから自分のオリジナリティーを持ち始めていくだろうが、ベースになるモノはこの時期にかなり構成されるのではと(分かっていたが)もの凄く実感じた。

イイ物をみせたり(いわゆる本物)、きれいな場所にいったり、いろんな人と交流させたり、いま5才の子供が自分で判断出来なくても、親が提供しないとダメだろうし、気をつけなければそれは偏見やゆがんだ思考へも移りやすい。

先日聞いた話だが、神奈川県の保育園では、障害をもった子供は受け入れないということを言い始めている所があるらしい。なんということか・・それは園側が判断したのか、それとも障害をもった子供とは同じ場所にいさせたくないという親の要望なのか。障害をもった子供と関われることは滅多にない。うちの子供の同級生にも何人かいたが、子供同士は普通になにも偏見なく遊ぶ。ちょっと何かが違うようだと、子供なりに気を遣いながら、その環境をむしろ楽しんでいたようだったし、親としてもいい体験だと考えていた。

父親も障害を持っている息子に、「十字架」のデザインがイイ!と思わせられたのも嬉しいが、何の偏見もなく(今のところ)どんな人ともコミュニケーションがとれる人間になっていけるよう、気をつけながら育てていきたいと思った出来事だった。

カッコイイ杖-その2-


ついに作りました。出来上がりました。オリジナルの杖です。昔デザイナー仲間だった人がレザークラフト工房をつくりフリーで活躍されています。スタッズでのベルトやサイフ、バックを得意とされていますが、基本的に話し合いで何でも作ってくれます(多分)

で、今月はじめに自分が持ったいた杖のカバーを発注。テーマは「世界征服を企む人」。でも、スタッズを選び間違えると、ショッカーっぽくなってしまうので、その辺は相談の上&彼のセンスにお任せということで発注。

日曜日に完成!!!そして大満足!!!昨日、早速スーツ姿で持ってみたが、イイ!!カッコイイ!!

トイレ問題


障害者でも、もっと外に出て行こう!なんて個人的には思うのだが、実際にはバリフリにはほど遠い路面の問題とまだまだ設備の伴わない交通機関(みんな頑張っているけどね)などで難しいことは確かにあります。私は車が運転できるのでまだ行動範囲は広い方ですが、その中でもやはり一番の問題は「トイレ」です。車いす用の公衆トイレはもっと設置して欲しいです。

ある雑誌にパリでは美化運動強化として(もともとその辺でしちゃう人が多いらしいんだが)公衆トイレを無料にして、増設もしたそうです。バリフリトイレも200箇所に設置したとか。日本でも新しい公園やモール系などでは完全に設置されていますが、ただ「多目的トイレ」として▲写真にもありますが、結構利用者が多いんですよ。バギー押している母さんも使うし、妊婦さんだって使うし、オムツかえたり(これは大人も子供も)またはオストメイトの方々にもやっぱり必要だと思うし・・

ディズニーランドとか行くと、バギーのお母さん方と車イスの人たちが長蛇の列で待っていたりする。あそこは確実にこの手のトイレを増やした方がいいでしょうね・・ほぼ完璧なサポートはあると思いますが、トイレだけはいつも困ります。

でもバリフリの公衆トイレの問題は沢山あるようで、例えば夜には浮浪者が泊まったり、恋人同士がイチャイチャしたり、個室なのでいろんな使い方をする人たちが多いらしい・・ベッドもあるところにはあるしね。困ったモノです。そうするとどこかの協議会では、「カギをかけたらどうか」とかいうが、それはダメだと思います。となると、やっぱりモラルの話しになるんだよなー 

コンビニって最近トイレを開放しているじゃないですか、アレをもっと発展出来ませんかね?多目的トイレとして。

カッコイイバイク-その1-


昔、といっても6年前まではバイクに乗っていた。どうしても乗りたくて30になってから免許を取ったのだが、4年乗っただけで病気で乗れなくなった。クラッチの無いバイク(ビックスクーターとか)ならまだ可能性はあるようだが、この間の免許書き換えの時に無理矢理、車もバイクもAT限定にされ、ちょっと寂しい思いをして帰ってきた・・でも実際はスクーターも無理でしょう。きっと立ちゴケします。病院のリハ室にはバイク事故の人多かったし、PTやOTの先生はみんなバイクはやめなさい!という。

ならトライクを、と思っていますがこれが高い・・これならBMWのZ4を買った方がいい。※でも一応、トライクの店に聞いてみたら、やはり障害者の需要は多いらしく、いくらでも状態に合わせたカスタマイズは可能らしい。むむむ・・それを聞いてまた諦めきれなくなった。宇都宮あたりに有名な店があるらしいので今度いってみよう。後日レポートします!

そして探すと日本にもこんな協会があった。「日本障害者ライダーズ協会」 http://www13.ocn.ne.jp/~sidecar/index.html  まあ、いろんな方がいらっしゃいますが、みなさん元気です。義足でも乗っているのには驚きです。調べると海外にもこの手のサイトは沢山あって(特にアメリカ)そしてもっと元気で弾けてます。すばらしい!! トライクとかいっている場合ではない。

そして今日の欲しいモノはこれ▲ BMWを改造して車イスのまま乗れるバイクを作ったらしいのだが、カッコイイ!!そう、こういうモノだからこそ格好良くなくてはいけない。日本では出来ないモノだなーと痛感。
英国のサイトはこちら>http://www.martinconquest.com/  時速137キロでガンガン走っています。価格はUK18,495ポンド/UK19,995ポンド。高いのか?安いのか?また分からない。 

カッコイイ杖-その1-


私は普段「杖」を使います。使わないと長距離歩けないから。T字型杖のフィッシャー型ッてヤツです(握る部分が手になじみやすい形になっていて、手のひらに体重がかけやすい)そう、まるでルイジ・コラーニデザインのような←いいすぎ。

今使っているヤツは、ドイツに行ったときに買ったのですが3,000円ぐらいでした。でも、日本で買うと7,000円ぐらいします。高い・・で、どうせお金を出すならもう少しカッコイイ杖が欲しいと、常に目を光らせたりしてます。

そして最近気になるのがコレ。って、何これ!?よく見えないしよく分からないし、私のような障害者が使って良いのかどうかも分かりません・・・が、形状が気になります!!  木彫り?? 55ユーロは高いのか安いのか?
http://www.karma-living.com/product/221/Walking_Stick.html

日本で買えるか分かりませんが手に入れてみます。後日、報告。

障害者(四つ葉のクローバー)マーク


私も一応貼ってますが、コレ見たことありますか? 皆さんがよく知っているのは車椅子マークだと思いますが、2002年6月に若葉マーク、紅葉マークと同様に導入されました。

このマークは「肢体不自由であることを理由に運転免許に条件を付された者が普通自動車を運転する場合において、その肢体不自由が運転に影響を及ぼすおそれがあるときに、その普通自動車に表示するもの」で、様式が、平成14年4月19日に公布された道路交通法施行規則及び自動車安全運転センター法施行規則の一部を改正する内閣府令において定められました。

初心者マークと違って義務ではないのですが、あまり見たことがないのであえて貼ってます。写真のとおりオデッセイアブソルートのイタリアンレッドに乗っている私としては、どうもこの「色」と「マーク」がかけ離れていてイヤなのですが、世の人たちに知ってもらわないと障害者スペースの誘導もしてもらえないことがあるので宣伝として貼ってます・・(カッコ悪いのでリアだけですが・・)

ちなみに、このマークを掲示した自動車に対し、他の自動車は幅寄せや無理な割り込みなどを行うことができません。 もし、幅寄せや無理な割り込みなどをした場合、罰金(五万円以下)が科せられます。とのことですが、後ろから通り過ぎて強引に割り込まれる何て事はちょくちょくあります。車が車だからかな〜  皆様のご協力をお願いします。

よく、これを貼っていれば駐車禁止が除外されるのか?と聞かれますが、そんなことはありません。コレとかクルマ椅子マークのステッカーだけでは除外になりませんので、オートバックスで買ってきて貼ってもダメですからねー