<< 感性評価とカウンセリング 第2回 | main | 美しい義肢 >>
感性を揺さぶるモノ SONY sountina
SONY sountina

「感性を揺さぶる」という言い方がある。 実際、体はどういう反応が出るのだろう? 人によってそれぞれだろうが、わたしの場合といえば、何か衝撃的な音楽やオブジェクトを聴いたり観たりした時、「瞳孔が揺れ、軽い脱力を覚える」感覚がある。

SONY sountina(右)という商品を見た時、わたしの瞳孔は軽く揺れた。これが何かということはまず置いといても「お!」と感じ、さらにこれがスピーカーだということで、さらにビックヒット。硝子に関しては遠い位置にはいなかったが、スピーカー+ガラスという発想にやられたのかも。見てるだけじゃダメだと思い、聴きに行った。流れていた曲、アンプの設定にも寄るのだろうが、音的には個人的に好きな「低音域から中音域ちょい上くらい」は若干控えめに感じた。がしかし、スゴイのは、ある程度離れても、音が変わらない!音圧というか、音量というか… 普通なら、スピーカーのある角度から外れると音が変わるが、それがなく、ある程度一定の音を感じることが意外で不思議な感覚でもあり心地良い感じでもあった。洗練された大人のバーやレストランでさりげなく音を奏でるイメージを勝手に想像し、勝手に納得した。

以前からSONYのQualia(クオリア)製品にはコンセプトから何から何まで感銘を受けたので、sountinaもその流れを受け継いでいるのだろう…とこれまた勝手に感じた。
感性を揺さぶられたとはいえ、ショールームで「おー、すげー」とか「ロックな曲ないすか?」とか、リモコンピコピコ触りまくり、意味もなくsountinaの周りをグルグル回ったり…丁寧な対応をしてくれた店員の方の少し困り顔を思い出すと反省…

「おっ!」と感じる時、あなたの体はどんな反応をしますか?

SONY sountina HP
SONY sountinaショールーム/取扱店


コメント
承認待ちのコメントです。
  • -
  • 2012/07/26 6:54 PM
  •  
コメントする