<< ガタカ | main | ロボットスーツ-その2- >>
ロボットスーツ-その1-


前にも書いた、筑波大学発の企業「サイバーダイン」が開発しているロボットスーツの「HAL」、ついに実用化です!来年の春にはつくば市内に生産工場を開設し、量産に入るようだ。「HAL」は装着した人の筋肉を動かす微弱な電気を関知して、体の動きに合わせてモーターを動かし、モノを持ち上げたりする力や動作、歩行などをアシストする。非力な人でも70〜80?の物を軽々と持ち上げ、100?の物を背負うことが出来る。歩行補助や介護、工場労働、災害救助などで応用が期待される。

当面は年20体程度の生産体制で、2008年には年間400〜500体に生産ラインを拡大。値段は医療機関向けには約500万〜700万円になるが、個人向けにはレンタル料(月7万円)と維持費だけに抑える予定だ。来月上旬、つくば市内の病院に実用化第1号の製品を納入する。(一部2006年10月29日 読売新聞より抜粋)

ロボットスーツはトヨタも開発に乗り出しているようだ。そういえば、トヨタはHONDAの「アシモ」に続いて、愛地球博でいろいろな二足歩行ロボットを発表している。搭乗型の2足歩行ロボットもあったな・・アレ、昔見てた「コナン」に出てきたタイプだ。どこかの大学も4足歩行型の車いすのような物を開発していた。ま、バリアフリーにするのが無理ならそっちに向かった方が早いのかもしれないが、どうなんだろう・・

トヨタが開発しているロボットスーツは、工場でのパワーアシストがメインらしい。例えば、運転席の計器板パネルなど、重い物をリフトで取り付けるのは、位置決めが難しかったり、作業者が持ちながら作業をするには重すぎた。だが、パワースーツを着ることにより、負担なく短時間で取り付けが可能になるらしい。エイリアン2に出てきたようなヤツかな〜そのためにロボットを開発するというのも、トヨタしか出きんだろう・・と思う。 あ、でも松下も福祉機器展で腕用に出していたな・・・

この手の技術は日本が作り始めたら、あっ!というまに軽量・小型化されて出回るんだろう。※今のままでは恥ずかしい・・。それでも、いまだに車いすが30〜40万する(電動なら200万ぐらい)。我々のような一般人がサクっと買えるようなレベルになるまでは、まだまだ道のりは遠い・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック