<< ロボットスーツ-その2- | main | 今年も来たか。この季節・・ >>
abonet(アボネット)


これも今年の福祉機器展で見かけた商品で、転倒時の頭部の衝撃を和らげる帽子です。冬の寒さが厳しい中、凍結する路面によっておきる転倒から守るため、札幌で生まれたそうです。機能や衝撃に対する強度を上げるには、緩衝材を入れ、ヘルメットのようなシルエットで覆うことで解決しますが、日常生活で使用するにはあまりに見た目がよくないので、デザイン性にもこだわった商品のようです。

シーンによっていろいろなタイプ(強度)の帽子が選べます。冬の外出時・ウインタースポーツ観戦、散歩やゴルフ・通勤・通学など、在宅・施設や病院で療養時に転倒の心配がある方、徘徊のあるかた、頭部手術などの頭皮保護に、てんかん発作などで転倒や衝突の危険がある方などなど。

それでも見た目で保護帽子とわかるのがイヤっ!という方には、セイフティーインナーといって、持っている帽子の下にかぶれば簡単に保護帽になるものもあります。 またはバンダナをまいたりね。

さすがに冬道用はロシアあたりでかぶってる帽子に似てて、東京の冬では恥ずかしいし必要ないかもしれないが、凍結した道を歩くときには不安を和らげてくれる効果はありそう。(東京の大雪ですっころんで後頭部をうった経験アリ)。デザイン的にはもう少しバリエーションがあって欲しいが、もうすぐ冬だし、セイフティーインナーを買って、北の方に住む両親にに送ってみようかと思った。

株式会社特殊衣料
http://www.tomoni.co.jp/

株式会社特殊衣料
http://www.tomoni.co.jp/

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック