| main | 障害者(四つ葉のクローバー)マーク >>
temil.jpオープンいたしました。
2000年12月に「ギランバレー症候群」にかかり、一時寝たきり、そしてリハビリで車椅子生活になり、現在は杖と装具で歩行可能にまで回復した私、山内滋晴は、世の中にはまだまだ不便なことだらけであることを実感した。

街は当然のように動きづらく問題だらけ。交通機関も障害者にとってはまだまだな環境。街の人々は我々に感心もなく、福祉機器は格好悪いモノばかり。生活環境が一変した。しかし、だからといって家にこもっていたくない。家族や友達ともっと出かけたい。どうせならカッコイイ車椅子でも乗って出かけたい。自分の好きな車を運転して好きなところに出かけていきたい。自分が気に入ったものを身にまとい、昔オシャレをしていたときのように出かけていきたい。まずはそこから世界が広がる。僕たちがもっと社会に出て行けばきっと世の中も変わってくれるだろう。

外に出かけテミル。旅行しテミル。働いテミル。とりあえずなんでもやっテミル。いろんな「テミル」という考え方をもったChallenged Personが自らの力でそれぞれの理想を実現し、「格好良く」前に向かって生きていくために、デザイナーであり障害者である私と、福祉のプロが組み、我々にしかできないことを世の中に提案してきます。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック