<< 眼球振盪と自転車フラッシュライト | main | ギランバレー症候群? >>
映画「De Zaak Alzheimer」邦題ザ・ヒットマン
まず、面白かった。
面白かった話の前に・・・
邦題がひどすぎる・・・
どうやれば「De Zaak Alzheimer」訳→「アルツハイマーの場合」を
ザ・ヒットマンと訳すことができるのだろうか・・・確かに殺し屋の
話ではあるが。

年老いた暗殺者レダ。
そんな彼に娼婦などの暗殺の依頼がまいこんでくる。
しかし、彼は加齢に伴い認知症・アルツハイマーも出現しており、
依頼を断ろうとするが、引退させてもらえず引き受けることに。

着実に仕事を進めていく中で、標的の1人が12歳の子どもであったため
仕事を下りるとともに、その一連の暗殺の意図を知ることとなる。
意図を知った彼は、正義感から沸き起こる活動を始める。

最初から最後までテンポよく、話が進みました。
CGもなく、リアルな映像で心地よく入り込めたと思います。

仕事上、死期を悟ると高齢者が変わるという光景をみてきたので
そういう意味ではしっくりきました。が、アルツハイマーの病理的な
表出現象の表現に関しては「ん?」と思うこともありました。
しかし、お勧めです。今度ハリウッドで焼きなおしがされるみたいですが、
このバージョンがいいような気が観る前からしています。

最後にもう一度、原題を忠実に訳して邦題をつけて欲しかった。。。

制作年 : 2005年
制作国 : ベルギー、オランダ
監督 : エリク・ヴァン・ローイ
出演 : ヤン・デクレール , ケーン・デ・ボーウ , ウェルナー・デスメット , ヒルゲ・ベーデメーケル
制作 : エルヴィン・プロヴォースト , ヒルデ・デ・ラーレ
脚本 : エリク・ヴァン・ローイ , カルル・ヨース




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック