<< ホンダ、歩行支援ロボット | main | 映画 『マグダレンの祈り』 >>
JAL、障がい者専用予約ウェブサービス開始
JAL image

日本航空(JAL)では体に不自由のある利用者や病気やけがを患う利用者を「プライオリティゲスト」と呼称し、各種特別サービスを設けた「プライオリティゲストサポート」を実施しているが、この度その一環として、プライオリティゲスト専用のウェブ予約サービスを開始した。このサービスは目の不自由な利用者、耳の不自由な利用者、車椅子の利用者、妊娠中の利用者を対象にJALホームページ国際線に専用の予約画面を設け、オンラインで予約手続きが出来るようにしたもの。専用予約画面は予約時に必要な情報を対話形式で入力し、予約完了時には情報が利用者の予約記録として残る。本格的に障がい者に対応した予約サービスは世界でもめずらしいもので、 JALでは「プライオリティゲストサポート」として、国内線において最大37%の割引を受けられる身体障がい者割引運賃を適用したり、2006年よりスタッフに「サービス介助士」資格取得を推奨したりするなど、さまざまなサービスの充実を図っている。

http://press.jal.co.jp/ja/release/200807/000968.html 
より抜粋


スバラシイですね♪

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック