<< 潜水服は蝶の夢を見る | main | ガムテープフォント「修悦体」 >>
【ご案内】保育環境評価スケールワークショップ in 東京・名古屋
さて、今日は弊社がお世話になっている先生のセミナーに
関するご案内です。

日本ではつい先日、新しい保育所保育指針や幼稚園教育要領が
発表になったところです。
今回の指針においては自己評価などが重視されるなど、
今、第三者評価とともに「保育の質とは何か」というものが問われています。
今までの福祉の現場においては保育のみならず、高齢者福祉、
障害者福祉、すべての福祉の分野において評価には疎く、スケールというものが
ほとんど存在しないのが現状です。

そんな中、最近、注目されているのが四天王寺大学の埋橋教授翻訳の
「保育環境評価スケール」てす。

このスケールは保育環境を実践者の視点から明確に規定したものです。
海外には環境の側面から保育を規定する取組が多くなされていますが
日本ではまだまだです。

興味があるかたは是非ご参加ください。

/////////////////////////////////////////////////////////
『保育環境評価スケール』(T.ハームス他著、乳児版・乳児版)の講習会のお知らせ

 上記スケールはアメリカで開発され、現在では複数の国で保育の質の向上のためのツールとして広く使われています。日本の保育所、幼稚園においても自己評価、質の向上は大きな課題となっており、当スケールから学べることが多くあります。また他国には先行研究もあり、保育の質のひとつの指標として研究に活用も可能です。
 以下の通り、名古屋と東京で開きます。講師はいずれも訳者の埋橋玲子(四天王寺大学教授)です。

<名古屋会場>
Aコース
会場; 大の木保育園(地下鉄鶴舞線・庄内緑地公園駅より徒歩15分)
日時; 5月16日(金)8:30〜15:00
内容; 評価実習 『保育環境評価スケール〕鳥版』使用
    −オリエンテーション、約3時間の評価実習、約2時間の検討会
費用; 5000円
定員;  3名

Bコース
会場; 菱信ビル(名古屋駅より徒歩2分)403A会議室
日時; 5月16日(金)18:30〜20:30(18:00より受付開始)
内容; スケール入門−スケールの成り立ちと使い方、ビデオトレーニング
費用  1000円
定員  30名

Cコース
会場; 菱信ビル(名古屋駅より徒歩2分)403A会議室
日時; 5月17日(土)9:15〜12:00(9:00より受付開始)
内容; .好院璽詁門 スケールの成り立ちと使い方、ビデオトレーニング
    項目解説 
     幼児版 項目1・室内空間 および 項目4・遊びのための室内構成
     乳児版 項目1・室内空間 および 項目4・室内構成
費用  2000円
定員  30名

<東京会場>
Aコース
会場; おおぎ第二保育園(西武池袋線・入間市駅より徒歩5分)
日時; 5月30日(金)8:30〜15:00
内容; 評価実習 『保育環境評価スケール〕鳥版』使用
    −オリエンテーション、約3時間の評価実習、約2時間の検討会
費用; 5000円
定員;  3名

Bコース
会場; 八重洲ホール(東京駅八重洲口より徒歩3分)701会議室
日時; 5月31日(土)9:30〜16:00(9:00より受付開始)
内容; スケール入門 スケールの成り立ちと使い方、ビデオトレーニング
   項目解説 〕鳥版 項目1・室内空間および項目4・遊びのための室内構成
         乳児版 項目1・室内空間 および項目4・室内構成
   項目解説◆〕鳥版 項目25・自然/科学 および項目26・算数・数
         乳児版 項目22・自然/科学
費用  3000円
定員  50名

★両Aコースでは事前にスケール幼児版をお読みください。
★名古屋B・Cコース、東京Bコースでは『保育環境評価スケール〕鳥版』『同乳児版』(法律文化社、各1800円)をご持参ください(会場でも購入できます)。
★資料準備と会場の都合上、以下の内容でファックスまたはメールで事前申し込みをお願いします。人数が限られていますので、定員になりましたら締め切ります。参加の可否についてはお申し込み後、ご連絡を差し上げます。参加費は当日お支払い下さい。Aコースについては特に少人数ですので、事前にお問い合わせください。
   
‘時・会場・コース名∋臆端毀召判蠡亜´テキストの購入希望があれば必要部数
は⇒軅茵 .瓠璽襯▲疋譽后電話番号、ファックス番号

★申し込み・問い合わせ先
 埋橋玲子  Fax 06−6387−9378
       e-mail uzuhashi@shitennoji.ac.jp



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック