<< 来る!ARの世界「ついに来た!渋谷解禁。pin@clipピナクリ」 | main | Recumbent(リカンベント)に試乗しました >>
【謹賀新年】社会福祉から福祉への転換を目指して
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

とうとう2010年がスタートしました。
テミルでは今年から大きな事業を始めます。
それはテミルとしても大きな一歩ですが、
社会福祉の世界からみても大きな一歩です。

来月、その事業はスタートします。その際には
プロジェクトサイトやECサイトがオープンするため、
全容が明らかになりますが、テーマは脱社会福祉です。

さわりをお話しますと・・・・

今まで、障碍福祉を始めとした福祉は社会福祉という
くくりの中で、社会に支えられる社会福祉という構造をもって
成り立ってきました。しかし、戦後間もなく生まれて現在まで
改定を続けてきたその制度も近年、社会福祉基礎構造改革や
障害者自立支援法など、大胆な改革がなされてきました。
そんな中で今、必要なのは当事者と福祉専門職のパラダイムシフト
であるとテミルは考えています。

これからテミルは社会的企業として、私は福祉専門職として、
大きな提案をします。その始まりが来月始めるものとなりますが、
最初は知的障碍の福祉的就労を一般就労に切り替えるきっかけを
テミル流に提案をします。
それは当事者にとっては「買ってもらえた」と喜ぶ労働の価値から
「喜ばれた」と喜ぶ労働の価値へシフトすることであり、
福祉専門職にとっては「どう売って歩くか」と考えるプロダクトアウト
の発想から「どう売れるものを作るか」と考えるマーケットインの
発想へとシフトすることとなります。

それは簡単なことではありませんが、テミルでは大きな仕掛けを
考え、そのシフトの実現に向けて突っ走っています。
この取り組みが社会福祉が福祉になるきっかけになると信じて。

また、ブログで進捗はご報告します。

今年もテミルは頑張ります。
よろしくご支援のほど、お願いいたします。