ソックモンキーあらわる!


 愛すべきおさるさん “ソックモンキー” を発見。

 ソックモンキーは大恐慌の時代、アメリカで誕生しました。当時、多くの人々は貧しくてクリスマスをお祝いする余裕もありませんでしたが、1人のおばあさんはかわいい孫のためにあるプレゼントを用意しました。それは労働者がはいていたレッド・ヒール・ソックスを工夫してつくられたもの…。それがソックモンキーのはじまりです。

 日本での彼らのふるさとは「緑光苑」という障碍者の人が働く事業所(就労継続支援B型)です。一匹一匹が手作りで、オリジナル。みんな違う愛嬌のあるおさるさんは、いろーんな人から愛されていますね♪

 興味深いことは、障碍者就労の一環としてソックモンキーづくりがなされているということです。いろんな就労内容がありますが、障碍者の就労でこのような創作に取り組み、積極的に市場で幅広く売り出そうとする姿勢は斬新だと思います。このような就労がもっと広がるといいなぁ。