ブラインドテニス
久しぶりの書き込みです。
ネタをため込んでましたので、これから少しずつ小出しにします。

今日はブラインドテニスについて。

昨日、ブラインドテニスで有名な方(失視者)にお会いしました。
そして、その際、ブラインドテニスについてご紹介いただいたと
ともに、競技の様子が収められたDVDを頂戴しました。
他の弱視の方からお誘いはあれど、予定が合わず行っていなかった
ため、見るのは初めてでした。正直、衝撃でした。

友人の中に失視者がいたり、仕事でお会いしたりすることが多いので、
失視者の空間認知力がすごいことは知っていましたが、それでも
衝撃的でした。

ルールは次の通りです。
・ボールは音が出るJTAV認定の特殊な物を使用する。
・ラケットはジュニア用の物を利用し、ラケットの長さが56cm以下の物を使用する。
・テニスコートは、ショートテニス用のコートを利用する。
・視力によって出場するクラスが分けられている。
 アイマスクを着けて視力ゼロの方はB1クラスとなります。
・クラスによってボールを打つまでのバウンド数が決まっている。
 B1クラスの場合は3バウンド以内。
【http://www.athletes-village.jp/blog/index.php?blog_id=28】より引用

なお、晴眼者でもB1というクラスであれば出場できるそうです。
ボロボロに負けると思いますが、やってみたいと本当に思っています。