映画 『マグダレンの祈り』

ここ数日、何本か映画を観ました。
その中で特に印象にのこった映画を紹介したいと思います。




『マグダレンの祈り』
2002年 イギリス=アイルランド
ピーター・マラン監督・脚本

1996年までにアイルランドに実在した修道院を舞台としています。
マグダレン修道院では厳格なカトリックの戒律に依拠した道徳観に基づき、性的に堕落した女性(婚外交渉をした女性など)を収容していました。
本作は、19966年のマグダレン修道院に収容された3人の少女達を中心に、その中で懸命に生き抜く女性たちの姿を描いたものです。

驚いたことに、映画では実際に婚外交渉をしていなくても、
その可能性があるという疑いだけで、収容された女性が描かれています。
また、施設での生活は「更生」という名のもとで行なわれる、人権を無視したような重労働、監督者である神父・修道女によるいじめ、折檻。


中世の魔女狩りでもそうでしたが、
人権を無視した行為でも、「神」という善によって、
その行為が正当化されてしまう怖ろしさ。
(当時は、人権を無視しているという思いすらなかったのかもしれません。)
教会が絶対的な権力となって
あらぬ方向で支配することの怖さを痛感させられます。