キャッチボール
こんにちは。吉尾です。



またまた私事ですが、ほっこりとする出来事があったので
書かせていただきます。

私が自宅でお風呂掃除をしていた時、

裏のお宅の風呂場から会話が聞こえてきました。

家々の風呂場が近接しているので、とても良く声が通ります。

小さな女の子と、お父さん(おじいちゃん?)の会話です。


女の子とお父さん、どうやらお湯につかろうとしているようです。

女の子「あちゅい?(熱い?)」としきりに聞いています。

そのたびにお父さん(おじいちゃん?)、「熱くないよ〜」と返してました。

女の子:「あちゅい?」

お父さん:「熱くないよ〜!」(安心させる声で)

女の子:「あちゅい?」

お父さん:「熱くないよ〜!」(なだめるような声で)

ところどころ、女の子の「きゃっつ!きゃっつ!」という笑い声も聞こえます。


女の子:「あちゅい?」

お父さん:「熱くないよ〜!」

結構、何度も繰り返してます。

女の子の可愛らしい声「あちゅい?」と、お父さんの優しい低い声「熱くないよ〜」が、まるで合奏のようです。


そのうちに……


女の子:「あちゅい?」

お父さん:「あつくないよ〜」

女の子:「あちゅくないよ〜」

お父さん:「あつくないよ〜」

女の子:「あちゅくないよ〜」

お父さん:「あつくないよ〜」

女の子:「あちゅくないよ〜」         ・
      ・
      ・

次第に2人で「あつくないよ〜」の繰り返し。

言葉遊びのようです。
女の子にとってもお父さんにとっても「熱い」という言葉の意味はもはや関係ないのでしょう。

「あちゅい(熱い)」という言葉の音や響き、
「あつい」という言葉を2人で楽しむこと(真似すること)がとても楽しいようです。


こういうキャッチボールって、何気ないけど好いなぁって思いました。


隣で、風呂場をゴシゴシ磨いていた私は、楽しいBGMを聞けてよかったです。