国際シンボルマーク(International Symbol of Access)
国際シンボルマーク(International Symbol of Access)

「A」のマーク、よく見かけますがご存知でしょうか?国際シンボルマーク(International Symbol of Access)。障害のある人々が利用できる建築物や公共輸送機関であることを示す、世界共通の国際シンボルマークであって、すべての障害者を対象としたもの。とくに車イスを利用する障害者を限定し使用されるものではありません。

広く認知され使用されることも多くなってきていますが、このマークの主旨が誤解されたり、誤って使われていることもあるようで、かえって混乱を与えている場合も多いと実感しています。

何度もブログで書いていますが、駐車場では大きく扉を開けないと降りられない車椅子使用者がいるので、障害者スペースは広くとってあるわけですね。私は、後ろのトランクまで歩けて、取り出すことが自分で出来るので、最近は出来るだけこのスペースを使わないようにしています。が、このマークがある限り、盲人の方、内部障害者、または妊婦、歩行困難な高齢者などは使っていいと思うわけです。いや、実際はいいんですよ使って。でも、個人的にはやっぱりこの場合は、車椅子の方だけに限定して方がいいと思いますが。施設の規模に対して圧倒的に駐車スペースが少ないのがいろいろもめ事を生む要因になっているのでしょうか・・

さらにこのマーク。例えば高速道路で障害者スペースに止めて降りたときに思いっきりこの車椅子マークしかない場合、周りの「目」が気になるわけです。「車椅子用だろ?ココ」的な目で見られるわけです。「いやいや、いいんですよ!と言いたいが、このマークのせいで止めづらかったりするわけです。最近でこそ妊婦、高齢者、杖歩行の方々も利用可能!と絵で描いているところもありますが、止めて降りるまでを疑いの目で見つめてくる人は結構いるもんです。ま、そういう社会の目も時として必要な場合があるのも確かですが・・障害者マークってまとめられないのでしょうかね?

よく聞かれる話ですが、車に貼ってあるこのマーク。別に障害者に配られるモノでもありません。自分でオートバックスとかで買うわけです。なんかその辺もどうかと思うんですけどね・・いっそ、障害手帳の番号をプレートにして貼るとか、なんか登録しないともらえないシールみたいなものがあるとか(佐賀県のように)、またはETC連動か、携帯で確認とかね・・そういうしっかり管理された中での障害者マークってまとめてあったほうがいいのではないかと、生活していて思うわけです。が、難しいんだろうな、いろいろ。こういうことを書くとなんか障害者からの愚痴っぽくてイヤなんですけどね(^^;) 結局は社会と個人のモラル?またモラルか・・。

他にもシンボルマークはこんなにあります。でも、全然知られていないと思うんです・・皆さんはいくつご存知ですか??

B 盲人のための国際シンボルマーク
C 内部障害者・内臓疾患者の暮らしについて
考えるハート・プラスマーク
D 聴覚障害者のシンボルマーク(国内:耳マーク)
E 聴覚障害者を表示する国際シンボルマーク
F オストメイトマーク
G 身体障害者補助犬(ほじょけん)啓発マーク
H 身体障害者標識(四つ葉のクローバーマーク)