ウェスティン都ホテル京都
ウェスティン都ホテル。このホテルは正直に言うと
バリアフリーとは言いづらい。
しかし建物などの物理的障壁を取り除くことも
大切であるが、スタッフの対応などによる精神的な
バリアフリーはもっと大切だと思う。
物理的障壁は精神的なバリアフリーで解消できることも
あるからである。

今回、ウェスティン都(京都)ホテルではホテルの
ご配慮により部屋のグレードが高かった。
専用のラウンジがあり、ラウンジに行ってみると…



点字新聞があるではないか!スタッフの方に聞けば
ほとんど読む人がいないとのことであるが、
置くことに意味がある。

ウェスティン都ホテル、これだけで全てを語ることは
出来ないが気持ちが良いホテルであることは確か。
見直しました。
視覚障がいの方もそうでない方も是非。

いけ花復活!
和風会

今回は個人的なお話。

私、いけ花をやっていました。和風会というところで3年。
講師資格をとるために試験も受け、
「聖峰」セイホーという名も頂きました。

テミルを始めるときに、忙しいので休止していたのですが
今年に入ってのテーマ「デザイナーとして再度、貪欲に生きる」
を目標にいけ花を復活!!昨日、サクッといけてきました。

このいけ花、実はすごくデザイナーにとっても役立つし
手にすこーしだけ障害が残っている私にとっては
非常に良いリハビリにもなります。
1時間ちょっと、花にだけ集中するため集中力や、構成力、応用力、
普段使わない脳みその一部が活性される気がするのです。

また、きちんと座っている状態や、ハサミを使ったり、
細かい作業が、手・腰などに程よく緊張感を与えてくれて
リハビリになるわけです。

昨日いけたお花の写真↑ 自分的にもなかなかの出来っ。うん、
大作よりも、こぢんまりとした花が好き♪
そういのはやっぱり普段自分が好んでいるデザインと
交差してくるな〜と改めて感じた日でした。