キースヘリング美術館
keyforestkeyforest01keyforest02

週末に専門学校時代の友人達と「キースヘリング美術館」へ行ってきた。東京から2時間半。わざわざ小淵沢へ。

なぜココなのか?とも思うが、思った以上に立派な美術館に、テーマを3つに分けられた部屋。彼の作品のトーンが変わっていくのと、彼の経歴が重なり、そのときの心情が見えるようで面白かった。学生時代によく本で見たことがある懐かしい作品が多数展示されていたが、ほとんどがある新薬臨床試験支援会社の社長の所有していたものらしい。その数120点。そのうちの60点が常時展示。すばらしい♪

31歳でエイズによって亡くなったキースも生きていれば来年50歳。来年は日本中から作品が集まって、さらに面白い展示が予定されているとか。また行こうっと。

キースヘリングって誰?>>