京都のバリフリ度
京都 広隆寺

ちょっと滞っている「でかけテミル」。仕事のついでに立ち寄った京都で新企画を考えた。もともと大好きな京都には、去年のUDの世界会議で来たが、観光は出来ず・・・。そこで、京都の今はどんなもんかと急遽きまった京都バリフリ度チェック!

下調べも出来ないまま来てみたが、まずは第一発目「広隆寺」。理由?、単純に大好きな仏像があるから。駐車場のおじさんに聞いたら「奥から入れますよー」と意外な答え。おっ!行ける行ける!!

チケットも買える!で、いよいよ弥勒菩薩のあるところへ。しかし、ここは階段。えっちらおっちら上がって拝見。係の人は、「車椅子でもみれますよー」というので、上げてもらえるのか尋ねると、係がすぐに対応(チケット売り場でも聞かれた)そういう人も結構いると聞く。意外と対応OK。

ま、詳しくはでかけテミルで公開するが、しばらく京都を攻めたい。有名どころはほとんどバリフリに対応されてきているらしい。もう一件の三十三間堂もほぼ完璧であった。

急遽、宿泊先で取材を申し込んだにもかかわらず、迅速な対応をしていただいた「ハイアット リージェンシー京都」の取材もさせていただきました。9月の特集「京都にでかけテミル」。乞うご期待!!