美ら海水族館
美ら海水族館

初の沖縄旅行に行ってきた。買ったばかりの車椅子を持って行くか悩んだが、やっぱり潮風にさらしたくなく、がんばって歩いて行ってきた。でも空港までは車だし、カウンターから飛行機までも車椅子借りての移動だし、沖縄でも送迎ですぐにレンタカーだし、船のアクセスも意外と楽だったし、目的地にはあまり歩くことなくたどりつけて意外と楽な旅だった。一番大変だったのは浜辺での移動ぐらいか・・ビーチ用の車椅子が欲しいところだったが、ま、沖縄モードでのんびりゆっくりの移動も楽しもう。(不思議と東京を離れて自然の中にいると体も軽くなるもので)

離島で楽しんだあとに念願の「美ら海水族館」へ。ココでも駐車場からすぐの場所に車椅子の貸し出しがあり、さっそく申し込み。ココは沖縄好きのPTの先生にも「坂道だらけなので大変。車椅子は必要ですよ〜」と聞いていたので、貸りてみたのが「電動車椅子」!!ウィーン、ウィーンとジョイスティックで動く電動車椅子を楽しみながら早速水族館に向かった。

これがまた長い長いスロープ。そして入口までの距離も遠っ!!施設内も広いし、外はとにかく暑い。(膝だけが日焼け)とてもじゃないけど自走は無理です。よかった・・電動で♪というか、それを見越してのレンタル、素晴らしい(^^)

さすがに新しい施設だからバリフリ度はしっかり出来ている。★★★★☆ぐらいかな。施設全体の坂道がスゴすぎるけどね・・あと、水族館内の通路が狭い。みんな立ち止まっている後ろを通るのはかなりの苦戦。小さいコーナーだと前に立たれて見えないし・・・でも基本的に後ろを通り抜けて行くわけだし、メインの水槽しか見えないのが正直なところ。※子供もなかなか見られない。

でもまあ、噂の巨大アクリルパネルの水槽に漂う「マンタ」や「ジンベイザメ」はただただ感動。人工尾びれのイルカの「フジ」にも逢った。青い海、青い空の中にある水族館は、魚もイルカもやっぱりノンビリしていたように見えた。全てがのんきな短い旅、ちょっと不便なバリフリ度も「なんとかなるさー」的な旅、いいのかもね。