自己受容と社会受容
南雲直二氏はその著書「社会受容」の中で障害者の障害受容についてこう述べています。
「自己受容は障害者を隘路に導くものであり、社会受容こそが活路を開くものだ。」


南雲氏は障害受容を障害者自身がその障害を受け止める自己受容と
社会が障害者を受け止める社会受容に分けています。
その上で、自己受容は自分のためにも見えるが、周囲のためであり、
よく障害受容を論じるときに用いられる段階説(いずれ触れます)
すらも受容をすることがゴールのようであり、受容できないことが
悪のようだとして否定しています。

その反面、社会受容についてはハートビル法、交通バリアフリー法
などの法整備が進められ、社会は障害者を受け入れざるを得なく
なってきているため進んできているといい、同時に障害者にとっては
この社会受容の方が重要であるといいます。

確かに自己受容を強要する援助者も居ます。それは誤りです。
この場合の障害受容は方法論ではなく結果論でしかないため、
自分の援助の過程の中心や目標に据えてはならないものと思います。
しかし、自己受容そのものは否定するものではないと思います。
援助者の目標ではなく、自分の目標であれば良いのではないでしょうか?

あくまでも自己受容、社会受容の両輪でアクセシブルな社会を
作っていきたいと、そう思いました。

まずはテミルで社会を変えテミル。
そして自己受容に関しては論文を書いテミル。

船谷@論文「障害受容論の批判論に関する一考察」執筆中でした。