障害ある子もない子も一緒に
オハーン小学校の教室の扉を開けた時のことは、一生忘れないだろう。障害のある子供もそうでない子供も、輪になって座り、一緒に学んでいる。その光景が、これから私たちが目指すべき(理想的な)社会と重なって見えたからだ。

 ボストン郊外のこの公立小学校には、児童数233人のうち、障害のある子供が75人いる。驚いたのは、視覚、聴覚、身体の障害のほか、ダウン症、自閉症など、あらゆる種類の障害の子供がいることだ。

 「みな違う能力を持っているから、お互いに学び合えるのです」と、校長のビル・ヘンダーソンさん(57)がささやいた。

 まるで目が見えるかのように学校中を案内してくれたヘンダーソン校長自身も全盲。教える側のインクルージョン(統合)も、日本に比べて圧倒的に進んでいることを思い知らされる。

(2007年6月21日 読売新聞より)全文>

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この取り組みはすごいですね・・理想的な「カタチ」だと思い驚きました。が、日本でこういうところが増えてくるのはいつなんでしょう。息子の幼稚園の様子を聞くと、ちょっと意地悪な子や、先生の言うことがきけないとか、すぐに手がでるなどの些細なことがあっただけで、ケガだけはないようにと親の悩みになったり、親からの苦情になったり、(まだないが)幼稚園を変えたり・・・ということになる。これは障害に関係なく、単なるこどもの性格であったり、親のしつけの問題。世の中でこれからどんどん経験していかなければならない、人とのコミュニケーションの第一歩にすぎない。いろんな人(友達)がいて、お互いに学び合えるから学校は楽しいはず。それを避けて通っていって、どんな大人を目指すのだろう。ましてや、それが「障害者」となると、日本ではまだまだ問題が山積みなんだろう。これってなんだろう・・・

例えば、自閉症の子と一緒にいると怪我をさせられるとか思うのかな・・偏見とか、情報不足なだけじゃないかな・・。と、書いてはいるが、実際に私もそんなに詳しいわけではない。障害のあるこども達とキャンプに行ったりしてみたが、どうしていいのか分からないことも実際たくさん起きる。それは、親もこどもも感じる。

やっぱり情報不足だな。興味もないかもしれないが・・きっと親も成長するよ、こういうところにこどもを行かせたら。大変だろうけど。簡単に理想論は語れないけど。こういう学校の方がいじめとかもないかもね。

少なくとも、昔の親みたいに「見ちゃダメよっ」的な障害者への扱いは減っていくだろう。

川口順子元外相>GBS発症
川口順子元外相、今年の3月からギランバレー症候群にかかっていたんですね・・すでに回復も少しされているようですが、まだ車イス生活のよう。このまま選挙も出るそうだが、政治家ってスゴイな〜そんな体でもやりたいと思うなんて・・・。応援弁士として登壇した小泉前首相も「口はきけるから大丈夫。車椅子で選挙をすればいい」と言っていたそうだ。ま、政治家に車イスの人がいるのはいいかもな。去年発症した、安岡力也さんは回復したのかな・・・