介護事業者申請不許可について思う
毎日新聞によるとある大手介護事業者が不正申請により
事業継続不許可となり全体的な撤退の可能性が高まったとある。

その事業者について思うことは多々あれど、ここでは利用者の
視点のみで書いていきたい。

介護保険は2000年に施行され、現在まで報酬改定や制度改正を
続けてきた。
制度発足当初、ケアマネは足りない、公務員ヘルパーが居なく
なったからヘルパーが足りないと、当時ケアマネ事業をしていた
私は大変な思いをしたことを思い出す。
ケアマネがいないとヘルパーが使えない、ケアマネがいても
ヘルパーがいない・・・・そんな状況だった。

ホームヘルパーというサービスは介護の柱のサービスであり、
要介護高齢者の生活を同居家族と共に支える(独居の場合は1人で)
重要なサービスである。いなければ生活できない方もたくさんいる。
ホームヘルパーが要介護高齢者の食事を初めとした生活の不安
を安心に変えているのである。

今回の決定はまた2000年の状態に戻るということではなかろうか。
絶対にヘルパー不足に陥るはずである。
食事の不安を感じることはどういうことか、生活の不安を感じると
いうことはどういうことか。自立支援や寝たきり防止も重要である
とは理解するが、介護保険はいつも利用者不在の中で進んでいる
ような気がしてならない。