思い切って買い換え
車の燃費2割改善義務・経産省など方針、2015年度期限に

経済産業省と国土交通省は2015年度までに、自動車の燃費を現在より約2割改善する新基準を自動車メーカーに義務づける方針だ。来春にも新基準を導入する。京都議定書の発効などで、温暖化ガスの排出を抑える燃費規制をさらに進める必要があると判断した。新しい燃費規制は世界で最も厳しくなり、メーカーに技術開発のための一層の投資を促す。

経産省と国交省は、月内にも合同審議会を開いて規制案をまとめる。対象はガソリンや軽油を使う乗用車と一部の貨物車で、ハイブリッド車も含む。04年度実績に比べ燃費を15年度までに20―25%程度改善させる方向で検討。現行規制はガソリン車平均で1リットルあたり約15キロメートル走行できる燃費水準を求めているが、15年度は18キロメートル強に基準を強める。

[12月5日/日本経済新聞 朝刊より]


今年の冬は暖かい。両親が住んでいる北軽井沢の方もいつもより紅葉が遅い。G.スタンドのおばちゃん曰く、「暖かいまま冬になったので、色が変わらなかった」と。木々も、気が付いたら冬だった・・というところか。今年はダウンを早々に買ったが、着ようと思ったのはほんの少し前。着たとしても、中はTシャツでもいいぐらい。相変わらず、どこかの建物に入れば暑いくらい暖房が効いているし、うちの会社もついつい設定温度を高くしてしまう。「チーム-6%」はどこえやら。北極は毎年オハイオ州(だったかな?)ぐらいがとけているらしい。

が、そんなことを言われても動かないのが人間である。どうせ死んでるしね・・とか。現実にそこまできている破滅の道をみながら、実感ないまま過ごしている。自分たちの子供の子供ぐらい、ちょっと先のところで大変なことにないそうなんだけど、夏には冬の寒さがわからないし、冬には夏の暑さがわからないのと同じか。内臓脂肪が危険だとわかっていても、病気になるまで食べてしまう。なってから気をつけるでは、地球は遅い。

電車通勤が体的に厳しい私は、車で通勤をしている。毎日往復で20キロ。その他、仕事と遊びで40キロ/日平均。都内リッター5.6キロしか走らないハイオク車とお別れして、18キロ/L走る1,500ccの車に乗り換えることにした。1年半で乗り換え・・ハッキリ言って悲しいが、ガソリン高騰で痛手をおったし、なにより都内では必要ない。2台持てるなら、普段は軽自動車でもいいぐらいだ。上記(環境)のようなことも考え、諸々考え、イイ決断をして、イイ車を買ったと思う。思え。思わせてくれ。

環境にいい車を乗っている方がカッコイイと自分に思い聞かせ、キャンプ好きで自然の中にいるのが大好きな自分に「子ども達の未来のためだ!」と言い聞かせ、あーんど、優しい運転を心がけて、まずは一人でも、地球のためにちゃんとした生き方をしようと思う今日この頃でした。※でも、運転しているとムカツク運転が多くてイライラする!!・・・んんん・・落ち着け落ち着け。