ポコアポコ


以前紹介したabonet(アボネット)という「転倒時の頭部の衝撃を和らげるオシャレな帽子」をデザインされた、札幌市立高等専門学校 工業デザイン助教授の森田敏昭さんデザインの歩行器です。札幌スタイル・デザイン開発プロジェクトというのがありまして、そのプロジェクトの一貫として商品が作られているようですね。

詳しくはこちら>
札幌スタイル:http://www.city.sapporo.jp/keizai/sapporo-style/index.html
財団法人 日本産業デザイン振興会
2005年度グッドデザイン賞 受賞
平成16年10月13日より販売中:希望小売価格¥88,000

歩行器。私も一時、室内で利用していました。(キャスター式ではなく、左右のフレームの連結が菱形にずれるようになっいていて、これを交互に動かして進むタイプ)病院から持って来ました的なデザインがすごくイヤで、しかも素材もアルミで(軽いから良いのかもしれないが)、歩くとカチャカチャ音がして、色も地味な変な茶色とパイプが金色で、もうワケわからないデザインだったのを思い出す。

この商品、今年の福祉機器展で目にとまり、実際に触ってきました。持ち手の細さがちょっと気になる感じでしたが(体重をかけるとちょっと手のひらが痛い)見た目的にスゴクいいと思いました。コピーでは「家具調歩行器」って書いてあるのですが、まさにそれにピッタリな感じです。

歩行器が「器具」から「家具」に変わります。

んんん・・・なかなかいいコンセプトではないでしょうか・・・そしてまさに北海道らしいデザイン(?)もっと早く出てたら買ってたな〜