MY SPOT 200


相変わらず障害者スペースに健常者が駐車するのが目につく。特に目を光らせているわけではないが、若者よりもいい大人が置いているのが目につく。ま、いろんな人がいるので、もしかしたら内臓的な障害で置いていい人なのかもしれない・・と、あまり疑わず見てるのだが・・・

ちなみに私は最近、車いす用の駐車場にはあまり置かないようにしている。車いす用は、駐車スペースが広くとってあるから、やっぱり車いすの方が置くのがベスト。でも、高速道路などの専用スペースは、P.A.内を歩くと危険な、足腰の弱いお年寄りや、妊婦さんなどが置いても問題ないんですよ。

よく、杖をついて車から下りると、歩ける人は置いてはダメ!という目で見られるのだが、P.A.の縁石などは普通より高いので上がりにくい。なので、ゆるしてね。そういう人(お年寄り&妊婦)もOK!とイラストでも説明しているので。

あと、最近よく都内にある地下駐車場で、立体駐車場みたいなところがあるのだが、あれは足元がガタガタで下りれない。出るのも狭くて大変・・そういうときは、障害者スペースに置かせてもらってます。

今回のMY SPOT 200はこの間の国際福祉機器展で見つけました。すでに地方のJUSCOなどで使われているそうです。システムとしては、お店で障害者手帳を提示し、リモコンをもらう。で、買い物に来たときにリモコンでピッ!とやるだけで、バーが下がって駐車ができるという仕組み。もちろん一時的に必要な妊婦さんも一定期間の利用が可能。その他に、月極の不正駐車や、予約制駐車スペースへの不正駐車対策・緊急車両スペースへの不正駐車対策などにも使える。こうみると、世の中、不正が多いんだな・・。

車いすマークだけあると、本当に車いすじゃないとダメ!!って周りから見られるのはつらいし、他人の目が気になって置きにくくなるのは変な話しだ。車いすマーク=障害者全部というイメージはない。車いすマーク=車いすに乗っている人になる。

このマークってちょっと誤解を与えているような気がする。障害者(弱者)マークって作った方がいいんじゃないかな・・・

MY SPOT 200
http://www.car-com.co.jp/products-myspot.html