映画 ミルコのひかり



ミルコのひかり
2005年/イタリア/クリスティアーノ・ボルトーネ監督



現在、イタリア映画界でサウンド・デザイナーとして活躍するミルコ・メンカッチの少年時代の実話に基づいた映画です。
1970年代、イタリア。不慮の事故により両目の視力を失ってしまった少年は、全寮制の盲学校へ転校します。そこでの教育や環境に反発しつつも、やがて一台のテープレコーダーと出会うことによって、映画好きのミルコは、全身の感覚とテープレコーダーを使って自分の想像力を表現していきます。


ミルコが自分の耳を研ぎ澄ませて、音をキャッチし、新しい音や物語を作り上げていくシーンは鳥肌が立ちました。障碍の有無に関係なく、周りが見えなくなるほど何かに熱中すること、五感を使って感じ想像し、頭を使って考え、形にすること。映画の中で、ミルコはそれを全身で表現しています。


映画では1970年代イタリアの盲学校の閉鎖的な環境も描かれています。
視力を失った子は、盲学校へしか行けない。そこでの教育は、古い規律に縛られた圧力的なもの。
『ミルコのひかり』は一人の少年の物語であると同時に、当時の盲学校の劣悪な状況を教えてくれる映画でもあります。


ちなみに、原題は“Rosso come il cielo” (空のように赤く)です。

映画「De Zaak Alzheimer」邦題ザ・ヒットマン
まず、面白かった。
面白かった話の前に・・・
邦題がひどすぎる・・・
どうやれば「De Zaak Alzheimer」訳→「アルツハイマーの場合」を
ザ・ヒットマンと訳すことができるのだろうか・・・確かに殺し屋の
話ではあるが。

年老いた暗殺者レダ。
そんな彼に娼婦などの暗殺の依頼がまいこんでくる。
しかし、彼は加齢に伴い認知症・アルツハイマーも出現しており、
依頼を断ろうとするが、引退させてもらえず引き受けることに。

着実に仕事を進めていく中で、標的の1人が12歳の子どもであったため
仕事を下りるとともに、その一連の暗殺の意図を知ることとなる。
意図を知った彼は、正義感から沸き起こる活動を始める。

最初から最後までテンポよく、話が進みました。
CGもなく、リアルな映像で心地よく入り込めたと思います。

仕事上、死期を悟ると高齢者が変わるという光景をみてきたので
そういう意味ではしっくりきました。が、アルツハイマーの病理的な
表出現象の表現に関しては「ん?」と思うこともありました。
しかし、お勧めです。今度ハリウッドで焼きなおしがされるみたいですが、
このバージョンがいいような気が観る前からしています。

最後にもう一度、原題を忠実に訳して邦題をつけて欲しかった。。。

制作年 : 2005年
制作国 : ベルギー、オランダ
監督 : エリク・ヴァン・ローイ
出演 : ヤン・デクレール , ケーン・デ・ボーウ , ウェルナー・デスメット , ヒルゲ・ベーデメーケル
制作 : エルヴィン・プロヴォースト , ヒルデ・デ・ラーレ
脚本 : エリク・ヴァン・ローイ , カルル・ヨース




映画 『マグダレンの祈り』

ここ数日、何本か映画を観ました。
その中で特に印象にのこった映画を紹介したいと思います。




『マグダレンの祈り』
2002年 イギリス=アイルランド
ピーター・マラン監督・脚本

1996年までにアイルランドに実在した修道院を舞台としています。
マグダレン修道院では厳格なカトリックの戒律に依拠した道徳観に基づき、性的に堕落した女性(婚外交渉をした女性など)を収容していました。
本作は、19966年のマグダレン修道院に収容された3人の少女達を中心に、その中で懸命に生き抜く女性たちの姿を描いたものです。

驚いたことに、映画では実際に婚外交渉をしていなくても、
その可能性があるという疑いだけで、収容された女性が描かれています。
また、施設での生活は「更生」という名のもとで行なわれる、人権を無視したような重労働、監督者である神父・修道女によるいじめ、折檻。


中世の魔女狩りでもそうでしたが、
人権を無視した行為でも、「神」という善によって、
その行為が正当化されてしまう怖ろしさ。
(当時は、人権を無視しているという思いすらなかったのかもしれません。)
教会が絶対的な権力となって
あらぬ方向で支配することの怖さを痛感させられます。




鉄コン筋クリート
鉄コン筋クリート

これもやっと観た・・・

マイケル・アリアス監督スバラシイですな。

蒼井優も良かったですよ。

単純に世界観とか、アニメの質とか、好きです。

松本大洋の原作を読みたくなった。
きっと、もっともっとクロとシロの関係は
諄いほど深いのだろう

前日に「ミスト」を観たあとに鑑賞。
映画史上最悪なラストに落ち込んでいたので
この映画でちょっと復活しました。

安心♪安心♪

めがね
めがね

やっと観ました・・。かもめ食堂のスタッフ再集結の映画ですね。
この映画、何も起きません。

良い景色と、良い風と、体に良さそうな食事の風景・・
そして美味そうなかき氷。食って、寝て、たまに体操して
ぼーっと「たそがれる」ための映画です。

でも好き♪大好き。

不都合な真実
不都合な真実

今更だが・・でもやっと観れました。「不都合な真実」。早く見るべきでしたね・・何がスゴイかというと、ゴアさんのプレゼンが素晴らしいです。勉強になりました。映画としても、ただ辛くなるような映像(氷が溶けたりするヤツ)ばかり流すわけではなく、次から次へと地球破滅に向かうデータが紹介される構成で、いちいち納得させられ、その合間にいろんな回想シーンなんかも入って、バランスがとれてて良い作りだったと思う。

内容(データ)を疑えばきりがない。え〜ホント?とか、ゴアさんの広告じゃないの??とか思うかもしれないが、そうだとしても観るべき映画だとおもう。それでも何もしない、動かないとは思えないはず。いや、思って欲しいし行動すべきである。

まあ、とにかく早く観た方がいい。この映画、多分2005年ぐらいのデータを使っているから、すでに古いわけです。4年もたってしまっているのかと焦ります・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

最後に映画で最後に紹介された
「不都合な真実」 Ten things to do(私にできる10のこと)を
ココに記載しておきましょう。

1.Change a light
省エネルギー型の電化製品や電球に交換しましょう。

2.Turn off engine
停車中は、エンジンを切り、エコ・ドライブしましょう。

3.Recycle More
リサイクル製品を積極的に、利用しましょう。

4.Check your tires
タイヤの空気圧をチェックしましょう。車の燃費基準を上げれば、無駄なエネルギー消費を防げます。

5.Use less water
こまめに蛇口をしめましょう。水道の送水に使用されるエネルギーを削減することが出来ます。

6.Avoid products with a lot of packaging
過剰包装、レジ袋を断りましょう。買い物は、このリサイクル・エコ・バッグを使いましょう。

7.Adjust your thermostat
エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギー削減をしましょう。

8.Plant a tree
たくさんの木を植えましょう。1本の木は、その生育中に1t以上の二酸化炭素を吸収することが出来ます。

9.Be a part of the solution
環境危機について、もっと学びましょう。そして、学んだ知識を行動に移しましょう。子供たちは、地球をこわさないで、と両親に言いましょう。

10.Encourage your friends to see An Inconvenient Truth
映画『不都合な真実』を見て地球の危機について知り、友に勧めましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


それと、東京都の人はこんなのもあるので募金とかしてみたりしてはいかがでしょう?
「緑の東京募金」
http://www.midorinotokyo-bokin.jp/index.html

あと、ちゃんと調べていないので分かりませんが、こういうのもあります。
「普段の生活の中で排出されたCO2を測定し、それに見合った数の植林をする」
http://www.carbonfree.co.jp/present.html

パラダイス・ナウ


忙しい合間を縫って、夜中に見たビデオ。

イスラエル占領地のヨルダン川西岸地区。
自爆攻撃に選ばれた幼なじみの二人の若者が体に爆薬を
結びつけて葛藤する48時間を描いた映画。

ストーリー自体はシンプルだし、凝った演出もないけりれど
価値ある作品。よほど豪華キャストによる駄作オー●シャンズ13より・・


改めて問題の根深さを知りました。

散歩する惑星 愛蔵版



2000年カンヌ国際映画祭 審査員特別賞受賞
ロイ・アンダーソン監督作品
2000年/スウェーデン=フランス



30年勤めた会社に突然リストラされたおじさん.
自分の会社に放火する男.
手品に失敗する手品師.
精神病に入院している息子(昔は詩を書いていた)
白塗りの登場人物たち.奇妙な行進.
200mに8時間もかかる大渋滞.


などなど個々のシーンはシュールでブラックユーモアがあふれる.
余白が多く,思わずクスリと笑ってしまう.
でも,作品のテーマを考えると結構笑えない.
それにシュールといっても,現実でも同じような意味のことは起こっているだろうし,そう考えるとやっぱり怖い.

CGを使わずにアナログに作られた本作は制作に4年かかったとか.出演者も監督が街でスカウトした素人の人ばかり.でも,そのお蔭で妙なリアル感が出ていると思う.

また観たい作品ですきのこレッド

かもめ食堂
かもめ食堂

ブログネタが減ってきたので、レストランについで
映画のネタを書いテミル。(ネタばらしはなし)
※おっ!でも、100コめのブログだ。パチパチパチ〜

いまさらだが「かもめ食堂」を観た。

ゆる〜くて、特に事件もおこらず、悪い人もいない
でも、フフっと思わせる普段とちょっと違う日常が感じる
ステキな映画だった。

役者もよかったし、映像のの質感も色合いも、風景も、
ロングテイクなカットも、小物や洋服、ひとつひとつが気になる。
センスがいい。そして、おにぎりが食べたくなる。

9.22から始まった萩上直子監督作品「めがね」も
観にいかなくちゃ♪